イーロン・マスク氏「Twitterは米国中心に見えるかもしれないが、どちらかといえば日本中心」

イーロン・マスク氏「Twitterは米国中心に見えるかもしれないが、どちらかといえば日本中心」

2022年11月23日

イーロン・マスク氏がTwitterの全社会議で、日本でのTwitter利用率が高いことに触れ、日本の状況はTwitterがすべての国で目指すべき姿として呼びかけたと報じられています。また、Twitterは米国中心のように見えるが、どちらかといえば日本中心だと述べたということです。

日本でのTwitter利用率の高さは「すべての国で目指すべき姿」

twitter-1.jpg

The Vergeによると、11月21日に行われたTwitterの全社会議で、イーロン・マスク氏が、日本におけるTwitterの利用率の高さについて言及したと伝えています。

イーロン・マスク氏は、レイオフは完了し、現在はエンジニアとセールスを積極的に募集していると述べたとのこと。また「テクノロジースタックのかなりの部分をゼロから作り直す必要がある」と説明し、日本、インド、インドネシア、ブラジルにエンジニアリングチームを設置するとも説明したということです。

またイーロン・マスク氏は、日本での利用率が継続的に高いことに触れ、Twitterが「理想的には例外なくすべての国で」目指すべき姿であると呼びかけたとのこと。

続けて「Twitterは米国中心のように思われるかもしれないが、どちらかというと日本中心。日本の人工は米国の3分の1だが、日本と米国のDAUはほぼ同じ」と述べたと報じられています。

Twitterの運営が不安定になってから、HiveというSNSが注目されているようです。(参考:TechCrunch

drip公認バリスタ