Twitter、自殺防止機能は「改良中で一時的に削除されていただけ」

Twitter、自殺防止機能は「改良中で一時的に削除されていただけ」

2022年12月26日

Twitterが自殺防止機能として提供している、特定のワードで検索したユーザーに相談窓口など支援先を提示する機能が削除されたとロイターが報じていましたが、Twitterの信頼と安全を担当するヴァイスプレジデントであるElla Irwin氏によると「改良中に、一時的に削除されていただけ」だということです。

Twitterの自殺防止機能、「一時的に削除されていた」と説明

twitter-suicide-prevention-feature

ロイターは12月23日、Twitterが特定のコンテンツを検索するユーザーに対して、自殺防止の相談窓口などを表示する機能を削除していると報じていました

この報道は日本でも朝日新聞や時事通信などが取り上げ、多くのユーザーから反応が寄せられていました。

Twitterのイーロン・マスクCEOは、ロイターの報道に対して「間違い」と反論。「まだ表示されている。フェイクニュースだ」とツイートしています。

ロイターの記事が公開された後、Twitterで信頼と安全を担当するヴァイスプレジデント(VP)を務めるElla Irwin氏がロイターに対してメールで「プロンプトを修正し、改良している。そのためプロンプトが一時的に削除された」と説明したと、ロイターは伝えています

ロイターは、Twitterの自殺防止機能が削除されたのはイーロン・マスク氏の指示によるものだと、情報筋の話として伝えていました。現在、自殺防止機能は復活していますが、イーロン・マスク氏の指示で削除されたのか、Ella Irwin氏の言うように一時的に削除されていただけなのか、真相は不明です。

関連

drip公認バリスタ