Apple、MacBook Proにタッチスクリーンを採用を「真剣に検討している」と報道

Apple、MacBook Proにタッチスクリーンを採用を「真剣に検討している」と報道

2023年1月13日

Appleは2025年に発売するMacBook Proで、初めてタッチスクリーンを採用したMacを発売する可能性があるようです。

スティーブ・ジョブズ氏の呪縛が解け、Macにタッチスクリーンを採用か

Apple-WWDC22-hands-on-area-MacBook-Air-close-up-Steve-Jobs-Theater-Apple-Park-220606.jpg

Bloombergによると、AppleはMacにタッチスクリーンを追加することを計画しているようです。関係者の話として、Appleはタッチスクリーン搭載のMacを真剣に検討しているが、最終的な決定はされておらず、計画は変更される可能性があるとしています。

Appleの共同創業者であるスティーブ・ジョブズ氏は2010年に、タッチスクリーンのラップトップは「人工光学的にひどい」と述べ、多くのユーザーテストを行ったが「うまくいかないことが判明した」と語っていました

現在の計画では、2025年に発売するMacBook Proのアップデートの1つとして、タッチスクリーンを初めて採用する可能性があるようです。

記事では近年の変化として、iOSアプリがMacでも利用できるようになったことを挙げ、iPhoneやiPad用に設計されたアプリをMacで使用すると、思うように動かせないという問題があると指摘していますが、iPadOSとmacOSの統合には積極的に取り組まれてないとしています。

drip公認バリスタ