イーロン・マスク「おすすめの強制表示の廃止」「おすすめに国外のツイート」「広告ナシで高価なTwitter Blue」を予告

イーロン・マスク「おすすめの強制表示の廃止」「おすすめに国外のツイート」「広告ナシで高価なTwitter Blue」を予告

2023年1月23日

TwitterのCEOであるイーロン・マスク氏が、Twitterで今後予定しているアップデートとして、「おすすめの強制表示の廃止」「おすすめに国外のツイート」「広告ナシで高価なTwitter Blue」を予告しています。

イーロン・マスク、今後予定している3つのTwitterアップデートを予告

elonmusk.png

サードパーティアプリを締め出し騒動で注目のTwitterですが、騒動の翌日からCEOのイーロン・マスク氏が、今後のTwitterで実施予定のアップデートについて、3つ予告しています。

1つ目は、タイムラインを表示した時に「おすすめ」が必ず表示される仕様を変更し、前回に表示していた位置を記憶するようにするとのこと。

タブを動かして、位置をカスタマイズできる機能も、今後検討しているようです。

2つ目は、「おすすめ」として他国のユーザーのツイートを表示する機能。イーロン・マスク氏は、「他の国では毎日素晴らしいツイートがある(特に日本)」と添え、おすすめに表示する前に翻訳されると説明しています。

日本のTwitterで注目されているツイートは、必ずしもユニークなコンテンツではないでしょうし、翻訳されて世界中に「おすすめ」されると考えると、ちょっと心配です。逆に、日本のTwitterユーザーがグローバルに影響力を持つチャンスかもしれませんね。

3つ目は広告の表示について。イーロン・マスクは「Twitterでは広告が頻繁に表示され、サイズが大きすぎる。今後数週間で両方に対処する」と予告。さらに「広告ナシを可能にする、より価格の高いサブスクリプションを導入する」と述べています。

現在のTwitter Blueでも「広告数が半分になる」といった特典がありますが、まだ「近日公開」というステータスで提供はされていません。

Twitter Blueはウェブからの加入で月額980円、iOSからの加入で月額1,380円です。この価格で広告が半分なので、単純に倍の価格で広告ナシを提供するのでしょうか。サードパーティアプリでは、広告が表示されなかったことを考えると、広告ナシで高価なTwitter Blueの存在価値を高めるためにサードパーティを締め出したように見えます。

またTwitterユーザーの収益化について質問されると、「ツイート詳細の下に広告を配置するという方法があるかもしれない」とコメントしていますが、将来的にTwitterでの収益化が可能になるのかは不明です。

Twitterでユーザーの収益化が可能になったらと思うと、少し前のYouTubeのように、注目されるためにとんでもないことをするユーザーが続出しそうですね。

drip公認バリスタ