2024年はAirPodsとApple Watchが過去最大級のアップデートへ

2024年はAirPodsとApple Watchが過去最大級のアップデートへ

4

AppleはこれまでiPhoneが製品戦略の中心にありましたが、2024年はiPhone以外のすべてに焦点があてられると報じられています。特にAirPodsとApple Watchは過去最大級のアップデートが実施されるとのこと。

Appleの情報で信頼性の高いBloombergのMark Gurman記者による最新ニュースレターで、Appleの2024年の戦略について伝えられています。

これまでAppleの製品戦略はiPhoneが中心にありましたが、2024年はiPhone以外のすべてに焦点が当てられるとのこと。新型iPhoneも発表されますが、大きな変更はない見込み。

Proモデルはディスプレイサイズを大きくし、標準モデルはアクションボタンが追加され、新たにビデオ撮影専用のボタンが追加されるそうです。

2024年はなんといってもApple Vision Proが発売されるほか、廉価版のAirPodsのアップデートや、Apple Watchの健康機能がさらに追加されると予測。

新しいAirPodsは、デザインを刷新し、ケースも再設計されUSB-Cを搭載。2つのモデルが用意され、上位モデルにはアクティブノイズキャンセリング機能が搭載され、AirPods Proよりも低価格でノイズキャンセリングを搭載したAirPodsになるのだそう。

AirPods MaxもLightningをUSB-Cに入れ替え、新色を追加する計画だといい、新しいAirPodsと同時に発売されることが期待されるとのこと。

またAirPodsはソフトウェアアップデートで、補聴器機能をリリースする予定とも伝えています。AirPodsの勢いは2025年にもヅヅ機、AirPods Proのアップデートが計画されているそう。AirPods Proでの体温計測など健康状態のトラッキングが開発中としています。

Apple Watchには、高血圧と睡眠時無呼吸症候群の検出する機能が追加される見込み。

Apple Watchが高血圧や睡眠時無呼吸症候群を検出すると、ユーザーに警告を表示し、検査するように提案してくれるという機能だといいます。