Apple Vision Pro、週末で最大18万台を販売か。すでに需要は減少との指摘も

Apple Vision Pro、週末で最大18万台を販売か。すでに需要は減少との指摘も

1

Appleの新製品「Apple Vision Pro」が1月19日より米国で予約注文の受付が開始されましたが、この週末で16万〜18万台を売り上げたようです。しかし、この需要はすでに減少している可能性が指摘されています。

Appleの情報で定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Apple Vision Proは予約注文が開始された最初の週末で、16万〜18万台を売り上げた可能性があります。

Apple Vision Proは1月19日に予約注文の受付が開始され、予想通りに即完売となり、全モデルの出荷期間は予約開始から数時間後には5〜7週間になりました。

しかしKuo氏は、予約注文から48時間が経っても、出荷までの期間が変わらないということは、Appleのコアなファンが注文した後、Vision Proの需要が急速に落ち込んだ可能性があると指摘。

Vision Proの比較として、iPhoneの人気モデルでは、予約注文を開始して即完売になるが、その後も注文は増え続けることから、需要は継続的にあることを示していると説明しています。

Kuo氏はVision Proが「今年50万台出荷することは難しくない」と考えていますが、需要が減少していることや「現時点では非常にニッチな製品」であるため、他の市場やアプリケーションのアップデートなどを確認し、需要がどのように変化しているかを見極めることが重要だろうと述べています。