iPhone 6sの筐体とロジックボードの写真が流出、iPhone 6sではLTE速度は2倍に

@JUNP_Nです。9to5MacがiPhone 6sと思われる筐体(背面パーツ)の画像とロジックボードの写真がリークされたと伝えています。外観はほぼ変更はないものの、ロジックボードの写真からiPhone 6sは新しいチップが搭載されLTE速度が2倍になるようです。

「iPhone 6s」の外観は「iPhone 6」とほぼ変化なし、大きな変更は来年のiPhone?

Iphone 6s rumour 1

9to5MacがiPhone 6sと思われる筐体パーツをサプライチェーンから入手したと伝えています。やはり今までの「s」が付くiPhoneと同じく、外観については大きく変わらないようです。

今までの噂ではiPhone 6sではデュアルカメラの搭載などがありましたが、今回流出した筐体画像を見る限りでは現行の「iPhone 6」と比較しても、どこが違うのか全くわかりません。

Iphone 6s rumour 2

本体の外観は変わらないものの、やはりアップデートされるモデルになるので、内部には変更が見られているようです。

「iPhone 6s」ではチップが新しくなりLET速度は2倍に

9to5Macが入手した、iPhone 6sのロジックボードの画像では、Qualcomm製のチップ「MDM9635M(Gobi 9X35)」が搭載されています。

Iphone 6s rumour 3

現行のiPhone 6で搭載されているチップの倍のダウンロード速度(3000Mbps)になる可能性があるそうです。ですが、バッテリー使用料の問題があり、iOS 9で搭載される省電力モードと組み合わせていく計画なのではと見られています。

source:9to5Mac

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング