東京ディズニーリゾート、総投資額750億レベルの施設開発計画を発表!「美女と野獣」「ベイマックス」

@JUNP_Nです。株式会社オリエンタルランドが、2020年度までの東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの開発計画の一部について決定したと発表しています。新規エリアや新アトラクションの開発で総額750億円レベルの投資を行うそうです。

新エリア「美女と野獣」がファンタジーランドにオープン、「ベイマックス」の新アトラクションも開発予定

株式会社オリエンタルランドガ、東京ディズニーランドにある「トゥモローランド」の「グランドサーキット・レースウェイ」「スタージェット」など一部店舗を終了、新たに「美女と野獣エリア(仮称)」やライブエンターテイメントシアター」、トゥーンタウンエリアに新規アトラクションの追加など、総投資額750億円レベルの計画を発表しています。

「美女と野獣エリア」はファンタジーランドにオープン。映画「美女と野獣」をテーマにした日本オリジナルの大型アトラクションが導入されます。(2020年春予定、投資額約320億円)

Tdr 2020 development 1

また、ファンタジーランドには東京ディズニーランド初となる、本格的な屋内シアターがオープン(2020年春予定、投資額約170億円)

Tdr 2020 development 2

トゥモローランドには、映画「ベイマックス」をテーマにしたアトラクションがオープン。また、東京ディズニーランド/東京ディズニーシー初となるポップコーン専門ショップが隣接されます。(2020年春予定、投資額約60億円)

Tdr 2020 development 3

トゥーンタウンには、ミニーマウスのキャラクターグリーティング施設がオープン。未ニート一緒に写真を撮ることができる施設です。(2020年春予定、総投資額約20億円)

Tdr 2020 development 4

東京ディズニーシーには、シミュレータータイプの大型アトラクションが導入されます。こちらは海外のディズニーで人気の高い大型アトラクション「ソアリン(仮称)」、東京ディズニーシーのオリジナルシーンも追加されるそうです。(2019年度予定、投資額約190億円)

Tdr 2020 development 5

新規エリア導入にあたり終了になる施設

これらの新規エリアやアトラクションの導入に当たり、東京ディズニーランド/トゥモローランドの「グランドサーキット・レースウェイ」が2017年1月に終了。「スタージェット」は2017年秋〜冬で終了となります。

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング