マジか?滋賀県が「スマホを他人に向けるだけで摘発」、条例改正を検討中

@JUNP_Nです。産経WESTによると、滋賀県警が件迷惑行為等防止条例で取り締まることができない盗撮行為などへの規制強化のための条例改正を検討しているそうです。

スマホを向けたら摘発、もう街中でスマホを触れなくなるのでは?

Smartphone secret filming

滋賀の条例によると、現行では盗撮行為の規制場所は「公共の場所」に限定しているため、取り締まりが出来ない場所があるとのこと。現在取り締まりができなくなっている主な被害が以下。

  • 「公共の場所」ではない場所での人の下着姿等に対する盗撮行為
  • 人の下着姿等を盗撮する目的による隠しカメラ等の設置行為
  • 「つきまとい行為等」の悪質な嫌がらせ行為

こうした状況を踏まえて、条例を一部改正し、取り締まりを行うことができるようにするとしています。

滋賀県警がパブリックコメント募集をしていますが、その中にある「条例改正のポイント」で、あまりに極端なことが書かれているようです。

盗撮目的で写真機等を「人に向ける行為」「設置する行為」の規制対象化

現在の条例では、人の下着姿等を盗撮する目的でカメラを設置する行為や、設置したカメラによって人の下着姿等の映像が撮影されていなかった場合などには、これらの行為を「盗撮」として規制することができなかったことから、人の下着姿等を盗撮する目的で写真機等を「人に向ける行為」「設置する行為」を新たに規制することとします。

あくまで「盗撮目的で」と記載はされているものの、これでは「スマートフォンを向けられた」というだけで摘発の対象になりかねないのでは?という疑問が。また、盗撮目的であるということを、どのように証明するのかも不明です。

スマホいじってるだけで盗撮とか言われたら「ポケモン GO」で遊べない

先日より世界中で話題になっている「ポケモン GO」など、スマートフォンを色々なところに向けながら遊ぶというゲームも存在します。この改正案が通ってしまった場合、滋賀県ではポケモン GOをしていると「盗撮」で捕まる可能性が非常に高そうです。

盗撮ではありませんが、満員電車で通勤していて痴漢冤罪が怖いという人には「痴漢冤罪保険」というものも登場しています。今後は「盗撮冤罪」なんてことも出てくるのでしょうか。

SOURCE:産経WEST / 滋賀県警察の広場

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング