NIKE、自動靴ひも調整スニーカー「HyperAdapt」を750ドルで11月28日発売 ―― 日本での販売は不明

Nike_HyperAdapt_1.0_native_1600.jpg

@JUNP_Nです。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part Ⅱ」に登場する、NIKEの自動で靴ひもを調整してくれるスニーカー「HyperAdapt」が11月28日より、NIKE+を利用している一部ユーザーに向け発売されることが発表されました。

未来のNIKEスニーカー「HyperAdapt」がとうとう発売!

Nike HyperAdapt 1 0 native 1600

NIKEが、2015年末に発売した自動で靴ひもを調整してくれる”パワーレース”を搭載した「NIKE MAG」。こちらは一般販売はありませんでしたが、16年3月に一般販売モデル「HyperAdapt」を発表。

2016年末に発売予定と案内されていましたが、正式に11月28日に発売を開始することが案内されました。価格は720ドル(約78,000円)です。

ですが、11月28日に入手することができるのはNIKE+を利用している一部のユーザーのみ。NIKE+アプリに「Reserve to You」というメッセージが表示されたユーザーのみになるそう。

また、12月1日からはNYの「Nike Soho store」「NIKE+ ClubHouse」でも販売されるそうです。現時点では、日本での販売については不明です。

「HyperAdapt」は2色展開、自動で靴ひもを調整でき、好みにあわせて締め心地も調整可能

すでに発表されている情報では、「HyperAdapt」はかかと部分にセンサーが内蔵されており、センサーが完治して自動的に靴ひもを調整してくれるとのこと。

靴の側面に「締める」「緩める」のボタンがあり、好みにあわせて調整することもできるようになっているとか。カラーラインナップは「Black/White-Blue Lagoon」「Metallic Silver/Black-White 」2色展開。

当初、案内されていた「White」の発売は、現時点では行われないようです。

SOURCE:Nike News
関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング