Apple、去年にiPhoneのバッテリー交換をした人に5600円返金

シェア数 アイコン 37

Apple、去年にiPhoneのバッテリー交換をした人に5600円返金

Appleは24日、2017年1月1日から2017年12月28日までの間にiPhone 6以降の保証対象外バッテリー交換を有償で行ったユーザーに対し、5600円の返金を行うことを発表しています。

対象期間にiPhoneのバッテリー交換をしたユーザーに5600円返金

iphone-out-of-warranty-battery-replacement-credit-1

Appleは24日、iPhone 6以降の保証対象外バッテリー交換を対象期間内に有償で行ったユーザーに対し、5600円分のクレジットを返金することを発表しています。

対象期間は2017年1月1日〜2017年12月28日。5600円分のクレジットは、銀行振込か料金支払に使用されたクレジットカードへの払い戻しで行われるとのこと。

iphone-out-of-warranty-battery-replacement-credit-2
iPhone 保証対象外バッテリー交換クレジット – Apple サポート 公式サイト

対象となるのはApple 直営店、リペアセンター、正規サービスプロバイダで行われたバッテリー交換。なお「保証対象のバッテリー交換」については、返金の対象にはならないので注意。

対象となるユーザーに対しては、2017年5月23日から2017年7月27日までの間にAppleからメールで連絡を行います。メールにはクレジットの受取方法も記載するとしています。

「対象なのにメールが届かない」という人は、Appleまで問い合わせを

返金の対象であるにもかかわらず、2018年8月1日までにAppleからメールが届かないという場合は、2018年12月31日までのAppleに問い合わせれば対応してくれるようです。

この「5600円の返金」は、Appleが「iPhoneのバッテリー劣化に伴い、性能を意図的に制限していた問題」について、2018年中はバッテリー交換費用を8,800円から3,200円に値下げしたことによる差額のようです。