隅田川花火大会、29日に開催が決定 台風12号の影響で順延

シェア数 アイコン 11

隅田川花火大会、29日に開催が決定 台風12号の影響で順延

7月28日に予定されていた隅田川花火大会が、台風12号の影響で29日に延期されることが発表されました。なお29日の実施可否については、28日午後6時に発表されます。

隅田川花火大会、台風12号の影響で29日に延期

sumidagawa-hanabi
隅田川花火大会 公式Webサイト

7月28日に予定されていた隅田川花火大会が、台風12号の影響で29日に延期されることが公式Twitterで発表されています。

28日の実施可否については、28日午前8時に発表される予定でしたが、27日午前10時に発表を前倒しすることが案内されていました。

なお29日の実施可否については、28日午後6時に公式Twitterで発表されるとのこと。28日、29日の両日ともに実施できない場合は中止となります。

隅田川花火大会は昭和53年からの名称で、それ以前は「両国の川開き」という名称で昭和36年まで行われていました。記録に残る花火大会としては最古だといい、享保18年(1733)に、前年の大飢餓や疫病で犠牲となった人々の慰霊と悪病退散を祈って行われた水神祭が「両国の川開き」の由来とされています。

(追記)29日、午後7時から開催と正式発表

28日18時04分、隅田川花火大会の公式Twitterから「第41回隅田川花火大会は、7月29日(日)午後7時から開催することを決定いたしました」と発表されました。

なお天候によっては中止となる場合もあるとしています。気象庁によると明日の東京の天気はくもり、昼前までは所により雨が降るとのこと。18時から24時の降水確率は20%となっています。