クローズドSNS「Path」がサービス終了へ、ユーザーから悲痛な叫びが続々

2018年9月17日 シェア数 アイコン 111

クローズドSNS「Path」がサービス終了へ、ユーザーから悲痛な叫びが続々

2010年より提供されているクローズドSNS「Path」のサービス終了が発表されました。10月18日にPathは閉鎖、カスタマーサービスは11月15日で終了となります。

8年の歴史に幕、クローズドSNS「Path」がサービス終了

path-goodbye
Path

クローズドSNS「Path」が2018年10月18日をもってサービス終了することが発表されました。Path関連のカスタマーサービスは11月15日で終了となります。

同サービスは特定の数人とだけつながることができる限定的なSNSサービスとして2010年11月にローンチ。当初は繋がることができる人数は50人でしたが、その後150人に引き上げられ、主にインドネシアを中心に若者から支持されていました。

サービス終了の案内にあわせ、公式サイトではPathに投稿されたデータのバックアップ方法も紹介されています。

TwitterやFacebookのようなオープンなSNSではないという点や、サービス内に広告の表示もなく、UIも特徴的で使いやすいため、一部に根強いファンがいたSNSでした。

「Pathが終了なんて」「行く宛がなくて地獄」など悲痛な声が続出

日本国内では決してメジャーではないSNSだった「Path」ですが、一部の根強いファンはサービス開始当初から使い続けていました。そのため、現時点で使っているユーザーはかなりのヘビーユーザー。

突然のサービス終了に驚く声や、サービス終了後に行く宛がないと嘆く声があがっています。