2018年、新語・流行語大賞は「そだねー」 トップテンには「半端ないって」「おっさんずラブ」

シェア数 アイコン 27

2018年、新語・流行語大賞は「そだねー」 トップテンには「半端ないって」「おっさんずラブ」

2018年「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン 新語・流行語大賞」が12月3日、発表されました。年間大賞には平昌冬季五輪でカーリング女子が試合中に使っていた「そだねー」が選ばれました。

「そだねー」が2018年の新語・流行語大賞に選出、「(大迫)半端ないって」「eスポーツ」などがトップテン

2018-ryukougo
画像は「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞よりキャプチャ

年末恒例の、今年話題になった言葉を選ぶ「ユーキャン 新語・流行語大賞」が12月3日発表され、年間大賞には「そだねー」が選ばれました。

「そだねー」は平昌冬季五輪でカーリング女子の選手が使っていた言葉で、北海道の方言で「そうだね」の意味。カーリング女子は他にも「もぐもぐタイム」などの言葉が注目されていました。

トップテンには「eスポーツ」「(大迫)半端ないって」「おっさんずラブ」「スーパーボランティア」などが選ばれています。

  • 「そだねー」
    平昌五輪でカーリング女子が使っていた言葉。
  • 「eスポーツ」
    エレクトロニック・スポーツの略で対戦型ゲームをスポーツ競技としてとらえる名称。
  • 「(大迫)半端ないって」
    2009年の全国高校サッカー選手権で大迫勇也選手を相手チームの主将が称えた言葉に由来。ロシアW杯での活躍で再注目。
  • 「おっさんずラブ」
    テレビ朝日系ドラマ。おっさんとおっさんの純愛を描いたドラマで話題に。
  • 「ご飯論法」
    国会審議での論点をすり替える答弁をさして広まった。
  • 「災害級の暑さ」各地で観測史上最高気温を記録し、気象庁が記者会見で「災害として認識」と注意を呼びかけました。
  • 「スーパーボランティア」
    山口県で行方不明になっていた2歳男児を救った尾畠春夫さん。
  • 「奈良判定」
    日本ボクシング連盟の山根明前会長の影響力で審判が奈良県の選手を優遇していたことが明らかに。
  • 「ボーッと生きてんじゃねーよ!」
    NHK番組「チコちゃんにしか荒れる」の名台詞。
  • 「#MeToo」
    アメリカから世界中に広まったセクハラや性被害を告発する運動として用いられたハッシュタグ。

「あおり運転」「仮想通貨」「TikTok」「悪質タックル」などもノミネート

2018-ryukougo-1
画像は「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞よりキャプチャ

年間大賞・トップテンには選ばれなかった、2018年ノミネート語には「あおり運転」「仮想通貨/ダークウェブ」「カメ止め」「筋肉は裏切らない」などがありました。

受賞後の詳しい解説などは公式サイトより確認することができます。