西野カナ、活動休止を発表「またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたい」

2019年1月8日 シェア数 アイコン 29

西野カナ、活動休止を発表「またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたい」

西野カナが1月8日、自身の公式サイトで活動休止を発表しました。ネット上では驚きの声とともに、ショックを受けるファンが続出。「西野カナ」がTwitterでトレンド入りするなど、注目を集めています。

西野カナが活動休止へ「期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています」

nishinokana-activity-break
画像は西野カナ公式サイト(ベストアルバム「Love Collection 2」が発売中)

西野カナが1月8日、公式サイトで活動休止を発表しました。「いつも応援してくれる皆様へ」と題し、2008年のデビューからこれまでを「最高の20代を過ごすことができました」と振り返り、30代では「旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります」「来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています」と活動休止への経緯を説明。

続けて「とは言っても、やっぱり私は歌が好きで、これからもきっと毎日のように歌を口ずさんでいる気がします」と思いをつづり、「またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたい」「最後に、こんな私をいつも応援してくれる皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです」「ありがとう」とコメントしました。

突然の活動休止の報告にTwitterでは「西野カナ」がトレンド入り。多くのファンから驚きの声があがっています。

西野カナのコメント全文

いつも応援してくれる皆さんへ

いつも応援してくれる皆さんへ

2008年にデビューしてから今まで、
音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、
最高の20代を過ごすことができました。
もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。
旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。

来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています。

とは言っても、やっぱり私は歌が好きで、これからもきっと毎日のように歌を口ずさんでいる気がします。
またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています。
最後に、こんな私をいつも応援してくれる皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです。

✨ありがとう✨

西野カナ

西野カナ「トリセツ」へのアンサーソング? 男バージョンにしてみた歌詞に共感殺到