NGT48・山口真帆への暴行事件、運営が謝罪  指原莉乃が報道陣に異例のお願い「どうか全てそのまま」

NGT48・山口真帆への暴行事件、運営が謝罪 指原莉乃が報道陣に異例のお願い「どうか全てそのまま」

NGT48の山口真帆への暴行事件について、運営会社のAKSが公式サイト上で謝罪文を掲載。今回の事件や運営の対応について、元NGT48メンバーや北原里英や、NGT48兼任の柏木由紀、HKT48の指原莉乃らが自身のTwitterで言及しています。

NGT48運営「メンバーの1名が男に帰宅時間を伝えてしまった」「全グループメンバーに防犯ベル支給」

yamaguchi-maho
画像は山口真帆さんのTwitter

NGT48の山口真帆が自宅玄関でファンを名乗る男に暴行された事件について、NGT48を運営する株式会社ASKが1月10日、公式サイトで「山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告」として経緯を説明しています。

山口は1月8日から自身のTwitterやSHOWROOMでの生配信などで、昨年12月に自宅前で男性2人に襲われたと告白。事件については1月9日、NHK(Archive)が第一報を伝えていました。

事件が報じられると、山口は一連の投稿について謝罪。1月10日にNGT48劇場で行われた「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」ではファンに直接謝罪し、ネット上では「なぜ被害者を謝罪させるのか」といった声が続出していました。

公演後、NGT48の運営会社AKSは公式サイトで今回の事件について謝罪と経緯説明を行っています。

AKSによると昨年12月にファンを名乗る男2名が山口の自宅玄関に押しかけ、顔を押さえこむなどの暴行容疑で逮捕。実行犯以外にも男1名が関与していたことが確認されたとのこと。

山口が示唆していたメンバーの関与については、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」と説明。引き続き確認を続けていくとしています。

また山口本人から事件を公表する形になってしまったことは、本人やファンへの説明が不十分だったためだとし、「今後はこのようなことがないよう、全グループメンバーへの防犯ベルの支給」「各自宅への巡回等」の対策を徹底し、再発防止策を講じるといいます。

元NGT48・北原里英や、指原莉乃、柏木由紀らが事件について言及

一連の騒動をうけ、元NGT48の北原里英は自身のTwitterで「あなたは謝るべきではありません!謝らないで。悪いことしてないです」「こんなの変でしょ?絶対に間違ってる」と言及。

同じく元NGT48の大滝友梨亜も自身のTwitterで「この事件がニュースに出る前の日に連絡が来て「たすけて」と言われました。何もしてあげられなくて本当にごめんね」と明かしました。

AKB48とNGT48を兼任する柏木由紀も自身のTwitterを更新し、「同じグループのメンバーとして先輩として、早い段階で何も出来なかった自分が本当に情けなくて、メンバーのみんなにもファンの皆様にもただただ申し訳ない気持ちでいっぱいです」と投稿。

またHKT48の指原莉乃も自身のTwitterで「ここまで大きな事件を彼女に謝らせる運営だとは思いたくないし、でも本人発信だとしてもこうなってしまったことを謝らなきゃ!と思って自分を責めているんじゃないかと心配です。そこで謝らなくていいんだよ!と言えるスタッフがいなかったこともどうかと思います」と運営の対応について指摘。

「きっと強く言いたいメンバーも多いです。でも言いたいことも言えないと思うので、声の大きいわたしが言ってみました」とコメントしています。

元AKB48の増田有華も自身のTwitterで「再発しないように、防犯ベルとかそういうのではなくて、ちゃんと向き合ってほしいです」とコメントしています。