「Office 365」がMac App Storeで配信開始、既存のOffice 365ユーザーはダウンロード時に注意

「Office 365」がMac App Storeで配信開始、既存のOffice 365ユーザーはダウンロード時に注意

Mac App StoreでMicrosoftの「Office 365」が配信開始となっています。Apple経由でのサブスクリプション決済にも対応し、本家サイトでの決済時と価格差も56円と微差。手軽にOffice 365が利用可能になりました。

遂に「Office 365」がMac App Storeで配信開始!

Microsoft_Office_365

Microsoftの「Office 365」がMac App Storeに追加されました。Office 365のパッケージには「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」「OneNote」「OneDrive」が含まれています。

Office 365のダウンロードは無料には1ヵ月の無料試用版が各アプリ内購入に含まれています。Office 365はサブスクリプションサービスで、App Store経由で決済した場合は年額12,800円。Microsoft経由では年額12,744円となっています。

office-365
MacでOffice 365起動時に表示される画面

既存のOfficeユーザーはMac App Storeからのダウンロードは要注意!

「Office 2019 Home&Business」、「Office 2019 Home&Student」、ワンタイムOfficeライセンス(永久ライセンス)はMac App StoreからダウンロードしたOfficeアプリケーションとの互換性はありません。上記のライセンスで利用する場合はMicrosoftから直接ダウンロードされたOfficeアプリケーションが必要になります。

Mac App StoreからOffce 365をダウンロードすると、すべてのOfficeアプリが上書きされMac App Store版に変更されます。そのため、上記ライセンスでの利用ができくなるので注意が必要です。

誤ってMac App Store版Office 365をインストールしてしまった場合は、アプリケーションを削除(ゴミ箱に移動)させ、Microsoftから直接ダウンロードしたOfficeアプリをアプリケーションフォルダに追加し直し、ライセンスを入力すればこれまで通り利用することができます。

「Microsoft Office 365」をApp Storeで
アプリアイコン
Microsoft Word
カテゴリ
仕事効率化, ビジネス
販売元
Microsoft Corporation
アプリアイコン
Microsoft Excel
カテゴリ
仕事効率化, ビジネス
販売元
Microsoft Corporation
アプリアイコン
Microsoft PowerPoint
カテゴリ
仕事効率化, ビジネス
販売元
Microsoft Corporation
アプリアイコン
Microsoft Outlook
カテゴリ
仕事効率化, ビジネス
販売元
Microsoft Corporation
アプリアイコン
Microsoft OneNote
カテゴリ
仕事効率化, 教育
販売元
Microsoft Corporation
アプリアイコン
OneDrive
カテゴリ
仕事効率化
販売元
Microsoft Corporation