『カメラを止めるな!』バクリ騒動が決着、「それぞれのオリジナル性をお互い尊重する」

『カメラを止めるな!』バクリ騒動が決着、「それぞれのオリジナル性をお互い尊重する」

大ヒット映画「カメラを止めるな!」のクレジットについて、株式会社ENBUゼミナールは2月27日、和田亮一氏、舞台「GHOST IN THE BOX!」関係者、上田慎一郎監督およびENBUゼミナールは新しいクレジット表記で同意したと発表。今後の関連プロジェクトについて、「お互い協力し展開していく」と報告しています。

映画「カメラを止めるな!」は新しいクレジット表記で同意

kametome
映画「カメラを止めるな!」公式サイトより

大ヒット映画「カメラを止めるな!」の内容が舞台「GHOST IN THE BOX!」のパクリだとする騒動について、株式会社ENBUゼミナールは2月27日、同作のクレジットについて、和田亮一氏、舞台「GHOST IN THE BOX!」関係者、上田慎一郎監督および同社は、新しいクレジット表記にすることで同意したと発表しています。

「カメラを止めるな!」は和田氏が演出した舞台「GHOST IN THE BOX!」が原案になっていましたが、当初はクレジットに「原案:劇団PEACE『GHOST IN THE BOX!』」とは記されておらず、後にクレジットが追加されていました。

同作に関連したインタビューなどで上田監督は舞台「GHOST IN THE BOX!」が原案になっていると明らかにしていましたが、同作は原案舞台とは違うものだとし、クレジット表記などを巡る"パクリ騒動"に発展していました。

発表では映画が原案舞台から着想を得て企画・制作され、上田監督がオリジナルのアイデアを盛り込み制作されたと説明。そのため、同作のクレジットは「和田氏と上田監督それぞれのオリジナル性をお互い尊重する気持ちを汲んだ内容としております」としています。

今後の「カメラを止めるな!」に関連するプロジェクトについては、お互い協力し展開していくということです。

映画「カメラを止めるな!」新クレジット

(日本語版における表記)共同原作 和田亮一 上田慎一郎企画開発協力 荒木駿 大坪勇太(劇団PEACE)Inspired by:「GHOST IN THE BOX!」(和田亮一/劇団PEACE)

(英語及び他の外国語版における表記)Joint Original Work:Ryoichi Wada、Shin-ichiro UedaPlanning and Development Co-operation: Shun Araki、Yuta Otsubo (PEACE Theater Group)Inspired by:“GHOST IN THE BOX!” (Ryoichi Wada/PEACETheater Group )

和田亮一氏、コメント全文

まずはこの件で「カメラを止めるな!」ファンの皆様に多大なご心配をお掛けしたことをこころよりお詫び申し上げます。上田監督、市橋プロデューサーや元劇団員と話し合いを重ね、お互いの気持ちを理解しあった上で本日を迎えることができました。この作品がたくさんの方々に愛され、多くの賞を受賞し、世の中に残っていく作品になったことを誇りに思います。そして同時に、これから先、共に創作をできるということを嬉しく思います。

上田慎一郎監督、コメント全文

両陣営で冷静に話し合いを重ねた結果、“お互いのオリジナル性がなければ産まれなかった作品”ということで気持ちが一致しました。「カメラを止めるな!」を応援してくれているファンの皆さま、ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。今後は本作を益々多くの方々に楽しんで頂けるよう、また、本作にまつわる今後の展開についても、お互いに協力しあって創っていければと思っております。

市橋浩治プロデューサー、コメント全文

両者の才能により、「カメラを止めるな!」は非常に大きな成功を収めることができ、そして、今後は協力し展開することとなったこと喜んでおります。 ファン、そして応援いただく皆様の期待に応えられます様、今後とも頑張ってまいります。