令和になって変わったこと「天皇誕生日」はいつ?退位された天皇陛下は「上皇」に

令和になって変わったこと「天皇誕生日」はいつ?退位された天皇陛下は「上皇」に

2019年5月1日

5月1日、新天皇陛下が即位され、「令和」の時代がスタートしました。5月1日は今年限り「天皇の即位の日」として休日となり、午前には「剣璽等承継の儀」「即位後朝見の儀」が行われます。新天皇陛下が即位されたことで、呼び名はどうなったのでしょうか。

退位された天皇陛下は「上皇」に、美智子さまは「上皇后」に

koseizu-j
皇室の構成図(令和元年5月1日現在)|宮内庁公式サイトより

5月1日、新天皇陛下が即位され、「令和」の時代が幕を開けました。4月30日で退位された陛下は「上皇」に、美智子さまは「上皇后」となりました。

上皇及び上皇后の敬称は「陛下」。皇位継承順位は、1位の皇嗣は秋篠宮さま(皇弟)、2位は悠仁さま(皇甥)、3位は常陸宮さま(皇叔父)となりました。

上皇を「平成天皇」と呼ばない理由は、「元号 + 天皇」という名称は諡号(諡・おくりな)であるため。

これは明治改元で発せられた「一世一元の制」によるところで、天皇一代につき一元号とすることが制度化され、天皇の諡号(諡・おくりな)は元号とする、つまり天皇が崩御されると「元号 + 天皇」という諡とすることになったからです。

国民の祝日「天皇誕生日」は2月23日に

2019年4月30日までは、上皇陛下の誕生日にあたる12月23日が「天皇誕生日」として国民の祝日となっていましたが、2019年5月1日より天皇陛下の誕生日である2月23日が「天皇誕生日」となります。

そのため2019年12月23日は祝日ではなくなりました。なお2020年2月23日の「天皇誕生日」は日曜日のため、2月24日が振替休日となります。

また2019年10月22日、天皇陛下の即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われ、この日も2019年に限り祝日となっています。