東京五輪チケット抽選申込、サイトに入るまでに「1時間以上」の長蛇の列ーーサイトに入れても再び「1時間待ち」

東京五輪チケット抽選申込、サイトに入るまでに「1時間以上」の長蛇の列ーーサイトに入れても再び「1時間待ち」

2020年に開催される東京五輪の観戦チケットの抽選申込が5月9日に開始され、チケット購入サイトはオンラインにもかかわらず"長蛇の列"ができています。サイトがダウンすることを防ぐため、アクセスできる人数が制限される仕様になっており、トップページにアクセスするだけで「1時間以上」の待ち時間が必要な状態です。

東京五輪チケット抽選、販売サイトが長蛇の列「1時間以上」の待ち時間

tokyo2020-1
チケット購入サイトにアクセスするために長蛇の列が発生

東京五輪の観戦チケットの抽選受付が5月10日午前10時より開始されました。受付開始直後から公式チケット販売サイトは多くのユーザーがアクセスし混雑状態に。

公式販売サイトはアクセス集中でダウンしないための仕組みとして、アクセスできる人数を制限する仕様。21時時点でもサイトに入るために約15万人の"長蛇の列"で、サイトにアクセスするために「1時間以上」かかると案内されています。

サイトで案内されている「順番が来るまで、このままページを閉じずにお待ちください」という説明どおりに1時間待つと、入れるようになったタイミングで効果音がなり、トップページが表示されます。

tokyo2020-3
1時間以上並んでやっとサイトにアクセス

やっとサイトに入れた……とサイト上部にある「チケット購入」をクリックすると、再び約9万人の"長蛇の列"が……!!

「チケット購入ページへ順番にご案内しています」と表示され、同様にページを閉じずに待つ必要があります。この画面の先にも"長蛇の列"が待ち構えている可能性もありますが……。

tokyo2020-2
チケットを購入しようとすると再び「1時間以上」の待機

つまり5月9日21時点では、チケットの抽選申込をするためだけに、ブラウザを2時間以上開いていないといけない状態になっています。

ネット上ではオンラインにもかかわらず長蛇の列ができる状態に「サイト入るのに画面の前で並ばすの?」とネガティブな反応もみられていますが、「気長に待ちますか」「待ち時間を可視化してるの面白いね」などポジティブな反応もあがっています。

東京五輪チケットの抽選申込は5月28日23時59分まで!先着順ではないので落ち着いたタイミングで

東京五輪の観戦チケットの抽選申込は5月28日23時59分まで。先着順ではなく抽選なので、早く申込を行ったほうがチケットが手に入る可能性が高くなるというようなことはありません。

混雑が予想される時間帯を避けたり、時間に余裕がある時に改めてサイトを訪問するというのも1つの選択肢です。東京2020公式Twitterアカウントも「申込順は当選に影響しませんので、余裕を持ってお申し込みください」と案内しています。

アクセスできないユーザーが何度もリロードしたり、F5連打などをしてサーバーに負荷を与えることなくがなく、待っていれば順番でアクセスできるのは画期的。デンマークの「Queue-it」というサービスを利用しているようです