NIKEアプリ、スマホで撮影するだけで足のサイズを測れる機能「Nike Fit」を発表

NIKEアプリ、スマホで撮影するだけで足のサイズを測れる機能「Nike Fit」を発表

NIKEは5月9日、NIKE公式アプリに足のサイズをスマホで撮影するだけで測定することができる新機能「Nike Fit」を発表しました。「Nike Fit」を使い、スマートフォンのカメラを足をスキャン、ほんの数秒で両足のサイズを測定してくれるとのこと。

「私の足のサイズはいくつですか?」がスマホで撮影するだけで解決

Nike_Fit_at_home_native_1600

NIKEは5月9日、NIKE公式アプリにスマートフォンで撮影するだけで数秒で足のサイズを測定することができる新機能「Nike Fit」を追加すると発表しました。

NIKEによると5人に3人が間違ったサイズの靴を履いているといい、北米では年間50万人が間違ったサイズの靴を購入したことに不満を感じているとのこと。

Nike Fitは「コンピュータビジョン、データサイエンス、機械学習、人工知能、レコメンデーションアルゴリズムを組み合わせた独自のスキャニングソリューション」だと説明しています。

ほんの数秒で足の形状をマッピングしスキャン、オンラインだけでなく店舗での買い物でも活用

Nike Fitはスマートフォンのカメラで足をスキャンし、13点のデータを収集して両足の足の形状をマッピングします。測定されたデータは、NikePlusメンバープロフィールに保存され、今後のオンラインショッピングや店舗での買い物に利用することができます。

Nike_Fit_Scan__native_1600

NIKEの小売店でもNike Fitができるようになるとのこと。ゲストモードを利用すれば、自分以外の足を測定することも可能。成長の早い子どもの足を測るのに役立ちそうです。

プロフィールに測定データが登録されると、ストア内では自分にフィットする靴のみが表示されますが、靴によって違うサイズが表示されることがあるとのこと。これは、靴の制作意図が違うことが理由で、より自分にマッチする靴が表示されるとのことです。