フル機能搭載の「Photoshop CC for iPad」ベータプログラムの申込受付が開始

フル機能搭載の「Photoshop CC for iPad」ベータプログラムの申込受付が開始

Adobeが2019年に発売すると発表している、iPad向けアプリ「Photoshop CC」のベータプログラムへの申込受付が開始されています。一部のCreative Cloudユーザーに対してメールで招待しているといい、申込みフォームから必要事項を入力することで招待を受けていないユーザーも申込みが可能となっています。

フル機能搭載iPad向け「Photoshop CC」ベータテストの申込受付開始

Adobe-Photoshop-1

Adobeが2019年にリリースすると発表されている、iPad向けアプリ「Photoshop CC for iPad」のベータプログラムの申込受付が開始されています。

一部のCreative Cloudユーザーに対してAdobeがベータプログラムへの招待メールを送っているといい、Googleフォームで作成された専用フォームに、メールアドレス、氏名、テストに参加したい理由を記入する必要があります。

Adobe-Photoshop-2

専用フォームとCreative Cloudアカウントは特に紐付けられていない様子で誰でも閲覧可能で、誰でもベータプログラムへの参加リクエストを送ることができるようになっています。

招待メールが送られているのは海外のユーザーのみのようで、日本のユーザーが申込んだところでベータプログラムに参加できるかは不明。気になる人は申込みをしてみるのも良いかもしれません。

「Photoshop CC for iPad」リリース当初はフル機能搭載ではない予定

「Photoshop for iPad」は少しでも早くリリースするために、リリース当初はデスクトップ版のすべての機能が利用できる状態ではないとのこと。

アップデートで順次機能が追加されていき、最終的にはデスクトップ版Photoshop CCが持つすべての機能が、iPadで行えるようになるようです。