2020年の「iPhone」は5G対応、3サイズ展開で全OLED搭載で小型モデルも登場か

2020年の「iPhone」は5G対応、3サイズ展開で全OLED搭載で小型モデルも登場か

Appleが2020年に発表する「iPhone」について、Appleの情報に詳しい著名アナリストのMing-Chi Kuo氏が予測した情報が公表されています。情報によると、2020年は3サイズ展開で、うち1つは現行のiPhone XSよりも小さい5.4インチモデルも登場するとのこと。また上位機種は5Gにも対応するといいます。

2020年のiPhoneは小さいモデルが登場?5Gにも対応か

iphone-hello

Appleが2020年に発表する次期「iPhone」について、Appleの情報に詳しい著名アナリストのMing-Chi Kuo氏による予測情報が報じられています。

情報によると、5.4インチ、6.7インチのハイエンドモデル、6.1インチのローエンドモデルの3モデル展開となり、すべてのモデルはOLED(有機ELディスプレイ)を搭載するとのこと。

またハイエンドモデルの2機種については、5Gに対応するとのこと。2021年にはすべての新しいiPhoneが5Gに対応するだろうとしています。

現在の最新モデルであるiPhone XSは5.8インチであるため、5.4インチになると本体が小さくなることが予想されるため、次期「iPhone SE」を心待ちにしていたユーザーにとっては朗報。

iPhone-SE-1

一方で大型ディスプレイを搭載するiPhone XS Maxも6.5インチであるため、6.7インチになると本体がさらに大きくなることが予想されます。

こうなってくると気になるのはカメラ。「iPhone XS」シリーズでは本体サイズに違いがあってもカメラは共通ですが、5.4インチと6.7インチでは本体サイズがあまりにも違ってくるので、以前のように大型モデルのほうがカメラが高性能になるのでしょうか……。

まずは今年の「iPhone」に乗り換えるかどうか

小型のiPhoneでハイエンドモデルが登場するのは嬉しい情報ですが、まずは今年のiPhoneに乗り換えるのかどうか、という問題があります。(僕は買い替えますが)

2019年に登場予定の次期「iPhone」は5機種登場するという情報で、上位モデルについてはトリプルレンズカメラを搭載。LightningからUSB-Cになるなんて情報もあがっています。

 2019年
iPhone XR本体変わらずマイナーアップデート
iPhone XS本体変わらずマイナーアップデート
iPhone XS Max本体変わらずマイナーアップデート
6.1インチ iPhoneトリプルレンズカメラ採用の新型?
6.5インチ iPhoneトリプルレンズカメラ採用の新型?

2019年のiPhoneの発売日については、9月後半になるという情報が伝えられています。情報が正しければ、9月20日前後の週になると予想されます。