国内外のクラファンで約2億5千万円以上を集めたiPad Pro専用USB-Cハブ「HyperDrive」が日本で正式発売

国内外のクラファンで約2億5千万円以上を集めたiPad Pro専用USB-Cハブ「HyperDrive」が日本で正式発売

iPad Pro 2018年モデル専用に設計されたUSB-Cハブ「HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」が日本国内で正式発売。国内外のクラウドファウンディングサービスで約2億5,000万円以上の支援を集めた人気モデルです。

iPad Pro専用USB-Cハブの最高峰「HyperDrive」が正式発売!

hyper-drive-for-ipad-pro-1

iPad Pro専用に設計されたUSB-Cハブ「HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」が日本国内で正式発売。

iPad Proと一体感のあるデザインが特徴で「4K HDMI」「USB-C」「microSD」「SD」「USB-A」「3.5mmオーディオジャック」を拡張することができます。

hyper-drive-for-ipad-pro-2

本体の厚さはわずか1cmで、iPad Pro本体とほぼ同じサイズで、取り付けたハブがグラつかないように固定する「グリップ」も付属。

同梱される「USB-Cハブ延長アダプター」を利用すれば、MacBookなど他のデバイスでも利用することができます。

hyper-drive-for-ipad-pro-4

「HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」は国内のクラウドファウンディングサービス「Makuake」で約800万円、「CAMPFIRE」で約1,000万円を集めた人気商品。

海外での人気はさらに高く「Kickstarter」「Indiegogo」で約2億5,000万円もの支援をあつめ、多くのメディアから注目されていました。

iPadOSでは更に便利になりそうな「iPad Pro」にはUSB-Cハブは重要アイテム

Appleが今秋にリリース予定の「iPadOS」では、これまで対応していなかったSDカードやUSBメモリーからLightroomに直接画像を取り込むといったことも可能になります。

iPad Proをバリバリ使いこなしていきたいという人にとって、USB-Cハブは最重要アクセサリー。クラウドファウンディングで手に入れられなかったという人はこの機会に購入してみてはいかがでしょうか。

カラーは「スペースグレー」「シルバー」の2色展開。記事公開時は公式サイトからのみ購入可能。価格は8,700円(税別)。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub – Hyper (ハイパー) 日本公式サイト