「シン・エヴァンゲリオン劇場版」冒頭映像を見る方法――公式アプリから視聴可能

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」冒頭映像を見る方法――公式アプリから視聴可能

2019年7月6日

2020年公開予定の映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の映画本編冒頭10分40秒(AVANT 1)が7月6日、フランス・パリで開催されたJAPAN EXPOステージで世界同時公開されました。映像をもう一度観たい、見逃してしまったという人はLINE LIVEのアーカイブ、エヴァ公式アプリから視聴することができます。

「シン・エヴァ」冒頭映像が公開、LINE LIVEと公式アプリで再視聴可能

evangelion-final-avant
画像はLINE LIVEより

フランス・パリで開催されているJAPAN EXPOステージで、2020年公開予定の映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の映画本編冒頭10分40秒の映像が公開されました。

冒頭映像(AVANT 1)公開に向けた一連の動きは「0706作戦」とされ、エヴァンゲリオン初の公式アプリや、日本各地やアメリカ、中国など世界でも同時配信されました。

イベントでは「シン・エヴァンゲリオン劇場版」では、碇シンジ役の声優・緒方恵美が「半分くらいまで撮り終わっている」と製作の進捗を明かし、庵野秀明監督からのビデオメッセージも公開され、パリが舞台として登場することなどがネタバレされていました。

今回のイベントはLINE LIVEでも生配信。LINE LIVEの「シン・エヴァンゲリオン劇場版」0706作戦のアーカイブから、もしくはエヴァ公式アプリから「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1(冒頭10分40秒00コマ)0706版」を再度視聴することが可能になっています。

(追記)LINE LIVEでのアーカイブ配信は、7月10日23時59分で終了しました

映画本編の冒頭は52分20秒頃から。映像は庵野監督のネタバレ通りパリが舞台。すでに公開されている特報映像にあった、真希波・マリ・イラストリアスが8号機で銃を撃ちながら回転するシーンの全貌が明らかになります。また、赤木リツコや伊吹マヤといったキャラクターも登場します。

エヴァンゲリオン公式サイトもアップデート

これに合わせ、公式サイトのトップページもイベントの最後に公開されたビジュアルにアップデート。赤く染まったパリのエッフェル塔が描かれています。

Evangelion
エヴァンゲリオン公式サイトより

映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は2020年公開予定。