「NAVITIME」がSlackに対応、検索した経路内での遅延情報なども確認できる

「NAVITIME」がSlackに対応、検索した経路内での遅延情報なども確認できる

ナビタイムジャパンは7月2日、チャットツール「Slack」との連携を開始したと発表。Slack向け乗り換え検索アプリ「NAVITIME for Slack」の提供を開始しました。Slack上で無料で乗換検索を利用することができます。サービスの利用は無料。

NAVITIMEがSlackに対応、Slack上で乗換検索に対応

navitime-for-slack-1

乗換検索サービス「NAVITIME」がSlackとの連携を発表。Slack向け乗り換え検索アプリ「NAVITIME for Slack」の提供を開始しました。

Slackに「NAVITIME for Slack」を追加し、「/navitime ○○から△△」(○○と△△は目的地名)と入力するだけで、NAVITIMEが最適な経路を自動返信してくれます。

ブラウザで乗換検索サービスを開き、乗換検索を行った後にSlackで共有する〜といった一連の作業が、Slack上で乗換検索して共有するだけになります。ナビタイムジャパン「業務効率の大幅なアップが見込めます」と案内しています。

「NAVITIME for Slack」利用料は無料、

「NAVITIME for Slack」の利用料は無料。他にも「/navitime」とだけ入力すれば、詳細条件を指定した経路検索を行う画面が表示できるほか、検索した経路内での遅延など運行情報もSlack上で確認することができます。

navitime-for-slack-2
navitime-for-slack-3
navitime-for-slack-4
navitime-for-slack-5
navitime-for-slack-6