未発表の新型「iPad」5モデルがEECデータベースに登場、今秋発売か

未発表の新型「iPad」5モデルがEECデータベースに登場、今秋発売か

Appleが未発表の新型「iPad」の情報が、ユーラシア経済連合(EEC)のデータベースから確認されたと報じられています。新しいiPadは5モデル確認され、WWDC 2019で発表された「iPadOS」が搭載されているとのこと。

新型「iPad」の5モデルがEECデータベースに登録される

Apple_iPadOS_Today-View-Dark-Mode_060319

Appleがまだ発表していない新型「iPad」の情報が、ユーラシア経済連合(EEC)のデータベースに登録されたと、MySmartPriceが報じています。

AppleがあらたにEECデータベースに登録したiPadは「A2068」「A2197」「A2198」「A2228」「A2230」という5モデル。

Appleのリーク情報で実績のあるCoinX氏は今年3月、10.2インチのiPadと、10.5インチの新しいiPad(iPad Proではない)が発表されると投稿しており、EECデータベースに登録された新型iPadは10.2インチモデルか10.5インチモデルではないかと見られています。

EECデータベースに登録された製品は発売される可能性が高く、先日も7つの新型「MacBook」シリーズが登録されたと報じられ予想通り新型「MacBook」「MacBook Pro 13インチ」が登場しています。

「iPadOS」が搭載されているということは今秋発売?

EECデータベースに登録された情報によると、5つの新型iPadには「iPadOS」が搭載されているということから、iPadOSの発表される今秋に発売される可能性が高いです。

EECデ―たベースに登録されたデバイスは発売される可能性は高いものの、これまでも「iPhone SE 2」と思われるデバイスが登録されても登場しなかったということも。

とはいえ「iPadOS」という大きな発表にあわせて新型「iPad」が登場する可能性は高そう。今から秋に向けて貯金ですね。