2020年のiPhoneはノッチなしの全画面ディスプレイ、ディスプレイ内蔵型のTouch IDモデルも登場か

2020年のiPhoneはノッチなしの全画面ディスプレイ、ディスプレイ内蔵型のTouch IDモデルも登場か

Appleが2020年に発売する予定のiPhoneでは、TrueDepthカメラが小型化された2つのモデルが登場し、Face IDを廃止しディスプレイ内蔵型の指紋認証(Touch ID)を搭載したモデルも1つ登場するだろうと、著名なアナリストである、Ming-Chi Kuo氏が伝えています。

2020年からディスプレイ内蔵型の指紋認証を備えたiPhoneが登場する可能性

ios-12-face-id

Appleの情報に詳しい著名なアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、2020年にはFace ID認証に必要なTrueDepthカメラが小型化され、ノッチ部分が小さくなったiPhoneが登場すると予測しています。

またCredit Suisseのアナリストによると2020年には、ノッチやFace IDを廃止した新しいiPhoneを1つ発表する予定だといい、ディスプレイ上どこでも指紋認証ができる、ディスプレイ内蔵型のTouch IDを開発していると伝えています。

2021年にはディスプレイ内蔵型指紋認証を備えたモデルが3つ登場か

またCredit Suisseのアナリストは、2021年にはディスプレイ内蔵型指紋認証を搭載した3つのiPhoneが登場し、Face IDから新しい指紋認証に移行すると予測。

Appleはこのディスプレイ内蔵型指紋認証を社内で独自開発する可能性が高いとしています。

iPhoneのデザインはこれ以上変わることがなさそうではありましたが、ノッチがなくなるデザインになる可能性は高いように見えます。その場合、インカメラ(内向きカメラ)もディスプレイ内に内蔵されることが予想されます。

すでにXiaomiやOppoではインカメラがディスプレイ内蔵したモデルを開発しています。

Face IDではマスクを着用した状態だったり、暗い部屋の中だったりするとロック解除できないという問題などがあるため、Touch ID(指紋認証)のほうが良かったという声は多くあります。