「Nintendo Switch」新モデルを発表、バッテリー持続時間が延長ーー8月下旬より順次発売

「Nintendo Switch」新モデルを発表、バッテリー持続時間が延長ーー8月下旬より順次発売

任天堂は7月17日、バッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」の新モデルを発表しました。現行モデルは約2.5時間〜6.5時間だった持続時間が、約4.5時間〜9.0時間となっています。

「Nintendo Switch」バッテリー持続時間が長くなった新モデルを発表

nintendo-switch-2019
新モデルのパッケージ

任天堂は7月17日、「Nintendo Switch」の新モデルを発表しました。新モデルはバッテリー持続時間が現行モデルよりも長くなっています。

現行モデルのバッテリー持続時間は「約2.5時間〜6.5時間」であるのに対し、バッテリー持続時間が長くなった新モデルは「約4.5時間〜9.0時間」となっています。

なお先日発表されたばかりの携帯専用モデル「Nintendo Switch Lite」のバッテリー持続時間は「約3.0時間〜7.0時間」と、新モデルのほうがバッテリー持続時間が長いことになります。

nintendo-switch-2019-1
どっちのSwitch?|Nintendo Switch|任天堂

8月下旬頃より順次発売予定。価格は現行モデルから据え置きの29,980円(税別)となっています。

「ドラゴンクエストXI S ロトエディション」も発売予定

また9月27日には「ドラゴンクエストXI S ロトエディション」も発売予定。現在予約受付中です。価格は39,960円(税別)。

nintendo-switch-2019-2
「ドラゴンクエストXI S ロトエディション」

「ドラゴンクエストXI S ロトエディション」はNintendo Switch本体に「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」のゴージャス版が付属したセット。本体もロトをイメージした特別色ロトブルーが採用されています。