エボラ出血熱への感染が疑われた患者、検査の結果「陰性」と判明ーー厚労省

エボラ出血熱への感染が疑われた患者、検査の結果「陰性」と判明ーー厚労省

厚生労働省は8月4日、コンゴ民主共和国滞在歴があり、帰国後に発熱し、エボラ出血熱への感染の有無を確認するため、東京都内の病院に入院した女性の検索結果を公表。国立感染症研究所において、陰性であることが確認されたということです。

エボラ出血熱への感染疑いの患者「陰性」と発表

ebora

厚生労働省は8月4日、コンゴ民主共和国滞在歴があり、帰国後に発熱し、エボラ出血熱の感染有無を確認するため、東京都内の医療機関に入院していた埼玉県在住の70代女性について、検査の結果「陰性」だったと発表しました。

厚生労働省によると、国立感染症研究所においてエボラ出血熱の遺伝子検査(PCR検査)を行ったところ、「15時00分に陰性であるとの結果が得られました」とのこと。患者は引き続き入院し、健康監視を続けるといいます。

患者はコンゴ民主共和国から7月31日に帰国。帰国後は検疫所で毎日2度の検温などの健康監視が行われていましたが、8月3日に39.2度に発熱が確認されました。コンゴ民主共和国ではエボラ出血熱患者との接触はなく、インフルエンザ迅速検査ではA型陽性となっていました。