「特務機関NERV防災アプリ」公開、防災情報を国内最速レベルで配信

「特務機関NERV防災アプリ」公開、防災情報を国内最速レベルで配信

防災情報やNHKニュースによる速報などをいち早く投稿するTwitterアカウント「特務機関NERV」(@UN_NERV)を運営するゲヒルンは9月1日、「特務機関NERV防災アプリ」の提供を開始しました。気象庁と協力し、国内最速レベルの情報配信を実現しています。

様々な防災情報を一つのアプリで受信。緊急度に応じてアプリが優先度順に情報を整理

nervapp-main
特務機関NERV防災アプリ

防災情報やNHKニュースの速報などを、Twitter上でいち早く投稿するアカウント「特務機関NERV」(@UN_NERV)を運営するゲヒルンは9月1日、「特務機関NERV防災アプリ」の提供を開始しました。

特務機関NERV防災アプリ」は、地震・津波・噴火・特別警報の速報や洪水や土砂災害といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するスマートフォン用サービス。まずはiOS版のみのリリースで、Android版は後日公開されます。

防災気象情報は、気象業務支援センター(気象庁本庁舎および大阪管区気象台内)と接続した専用線からダイレクトに受け取ることで情報の信頼性を担保。独自技術により、国内最速レベルでの情報配信を実現しているとのこと。

地震や津波、特別警報といった災害情報だけでなくJアラート(国民保護情報)なども受信することができ、現在地でその瞬間に必要な情報を表示。同時に複数の情報が発表されている場合には、情報の種類や経過時間、緊急度に応じて、アプリ側で優先度順に情報を並び替え、常に最新の情報が確認できるようになっています。

「重大な通知」はマナーモードやおやすみモードでも最大音量で強制鳴動

「特務機関NERV防災アプリ」では端末の位置情報、防災情報の種類、緊急度によって、通知する情報は「通知音やバイブレーションを行わない静かな通知」「通常の通知」「重大な通知」と振り分けてて配信。

「重大な通知」はユーザに危険が迫っている「緊急度が高い情報」であるため、マナーモードやおやすみモードといった設定であっても、強制的に最大音量で鳴動します。


重大な通知に対応する情報

  • 緊急地震速報(警報)
  • 津波警報・大津波警報
  • 気象特別警報
  • 噴火速報
  • 噴火警報(居住地域:避難・避難準備・居住地域厳重警戒)
  • 国民保護に関する情報(Jアラート)

なお「特務機関NERV」の名称およびロゴマークは、『エヴァンゲリオン』シリーズの著作権者である株式会社カラーと、同作の権利を管理する株式会社グラウンドワークス:の許諾に基づき使用されています。

気象庁からのコメント、株式会社カラーからのコメント

気象庁からのコメント

気象庁は、国民のみなさまの生命・財産を守るべく、防災気象情報を提供しております。

今回、気象庁も協力させていただき、ゲヒルン株式会社さまから、その使命を共にする頼もしいアプリを世に送り出せることになりました。

このアプリでは、登録した場所の洪水や土砂災害の危険度をお知らせする「大雨危険度通知機能」にもいち早く対応いただいており、被害が予想される時にみなさまが自ら判断・行動ができるよう、防災情報が迅速・的確に届くように設計されています。

災害をもたらす現象は、使徒と同じように、いつも違った形で突然やってきます。このアプリは、そんな緊急時に、みなさまの避難の判断をしっかりと支援してくれるアプリです。


株式会社カラーからのコメント

2011年の震災から8年が経ちますが、ゲヒルンさんのご活動は当時からずっと変わることなく進化し続けています。

アプリ名称やアイコンなど、一部に弊社作品『エヴァンゲリオン』の象徴的なデザインを取り入れていただいておりますが、ご利用者の皆様に、アプリの存在を少しでも身近に感じていただけるお手伝いができましたら幸いです。

前触れのない災害に対して準備すること自体が日常的になりますよう、アプリの頒布を応援させていただきます。

「特務機関NERV防災」をApp Storeで