「マリオカート ツアー」初日で2000万DL、売上1億円超――Sensor Tower調査

「マリオカート ツアー」初日で2000万DL、売上1億円超――Sensor Tower調査

任天堂は9月25日、人気ゲーム「マリオカート」のスマートフォン向けゲーム「マリオカート ツアー」を公開。アメリカの調査会社「Sensor Tower」のレポートによると、「マリオカート ツアー」は公開から24時間以内に2000万人にインストールされ、課金額はすでに1億円を超えているとのことです。

「マリオカート ツアー」公開から24時間で2000万ダウンロードを突破

mariokart-tour-1
マリオカート ツアー | 任天堂

任天堂は9月25日、スマートフォン向けゲーム「マリオカート ツアー」を公開。人気ゲーム「マリオカート」のスマートフォン向けゲームとして注目を集めていました。

アメリカの調査会社「Sensor Tower」のレポートによると、「マリオカート ツアー」は公開から24時間員アインに2000万人にダウンロードされたとのこと。スマホ向けマリオとしては初作品だった「スーパーマリオ ラン」と比較すると約3倍。

mariokart-tour-2
「Sensor Tower」のレポートより

任天堂がこれまでリリースしたゲームアプリの初日ダウンロード数は「スーパーマリオ ラン」が700万、「ファイアーエンブレムヒーローズ」が180万、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が170万、「ドクターマリオ ワールド」が65万、「ドラガリアロスト」が15万だったといい、「マリオカート ツアー」の圧倒的な結果になっています。

初日の課金額は1億円超、ただし無料期間があるため変動する可能性

「マリオカート ツアー」公開から24時間以内の売上は1億円以上だったと報告されています。これは任天堂のゲームアプリとしては歴代3位の記録で、歴代1位は「ファイアーエンブレムヒーローズ」で4,6億円、歴代2位は「スーパーマリオ ラン」で4億円となっています。

「マリオカート ツアー」の課金アイテムの1つには「ゴールドパス」(1カ月 / 550円のサブスクリプション)は2週間の無料体験期間が用意されています。これは2週間以内にユーザーが解約する可能性があるため、売上については変動する可能性があります。課金アイテムには他にも「スペシャルオファー」や「ルビー」などが用意されています。