PayPayで今度は大規模障害、ユーザーから怒りの声続々(追記)「二重払い」が発生しているという報告も

PayPayで今度は大規模障害、ユーザーから怒りの声続々(追記)「二重払い」が発生しているという報告も

2019年10月6日

バーコード決済サービス「PayPay」が10月5日に開催した、最大20%還元 & 50回に1回全額還元の「PayPay感謝デー」で、大規模な障害が発生し、ネット上ではPayPayに対する怒りの声があがっていました。

10月5日、またPayPayで大規模な障害が発生

paypay
PayPayのエラー時に表示される待機画面

バーコード決済サービス「PayPay」で10月5日、最大20%還元 & 50回の1回で全額還元を行う「PayPay感謝デー」を開催。大規模な障害が発生しユーザから怒りの声があがっていました。

キャンペーン開始直後から「PayPay感謝デーキャンペーンの付与額が正しく適用されていない」という不具合が発生。続いて、支払い時に待機画面が表示され、決済ができないという不具合が発生。

待機画面が表示され、決済できない不具合では、待機画面が消えて再び決済しようとすると、また待機画面に戻るという現象も報告されていました。待機画面が消えるまでには10分必要で、ユーザーはその間ずっとレジで待ち続けるという状況だったと報告されています。

さらに、緊急メンテナンスとして「すべてのクレジットカードでのお支払い、ヤフーカードからのチャージを一時的に停止」を実施し、PayPayへのチャージは銀行口座などからしか行うことができないという異常事態。

PayPayは今回の障害について、「大変多くのお客様にご利用いただき、PayPayがご利用しづらい時間帯や、反映の遅延が発生し、お客様および加盟店様へご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」と謝罪。

「PayPayボーナスの付与額が正しく適用されていない場合は、後日あらためて進呈いたしますので、反映をお待ちください」と説明し、「引き続きサービスの改善に努めて参りますので、今後ともPayPayをよろしくお願いいたします」としています。

PayPayはクレジットカードの不正利用問題などの不祥事が発生するも、100億円キャンペーンなど大規模な還元キャンペーンでユーザーを獲得。10月2日にはユーザー数1,500万人、加盟店150万カ所になったことを発表していました。

「やっぱり現金じゃないといざというとき不安だという逆プロモーションとしては最高だった」

決済サービスにおいて障害や不具合の発生は致命的な問題。PayPayのクレカ不正アクセス騒動や、7Payの不正利用騒動など、決済サービスに不信感を覚える声も多くあります。

10月5日はユニクロでも「PayPayでヒートテックを1枚買うと、もう1枚無料」となるキャンペーンが開催されており、PayPayの不具合で決済できないユーザーと店舗でトラブルも発生していたようです。

(追記)遅延していた決済が反映され「二重払い」が発生しているという報告も

PayPayの障害によっの遅延が発生していた分が、後になって決済が反映され「二重払い」が発生しているという報告もTwitterに寄せられています。

PayPayからの案内では「待機画面が表示された場合は、決済手段を問わず、決済は成立しておりません」とされていました。