Googleフォト、iPhoneから無圧縮で無制限保存できる抜け道は「バグ」ーー修正予定だが内容は不明

Googleフォト、iPhoneから無圧縮で無制限保存できる抜け道は「バグ」ーー修正予定だが内容は不明

写真のクラウドサービス「Googleフォト」で発見された、iPhoneから元画質の画像のまま、無制限&無料でアップロードできる"抜け道"について、Googleは問題を認識しており、今後修正する予定だと明らかになりました。しかし、修正の方法などについては明らかになっていません。

GoogleフォトにiPhoneから元画質の画像を無制限にアップロードできる抜け道は「バグ」

iPhone-photo

写真のクラウドサービス「Googleフォト」において、iPhoneから元画質の画像を無制限かつ無料でアップロードすることができる"抜け道"について、Googleは「バグ」だと説明しているようです。

AndroidPoliceがGoogleに問い合わせたところ、Googleはこの現象を認識しており、「バグ」だと説明。現在「修正に取り組んでいる」とコメントしているということです。

Googleフォトは通常、画像をアップロード時に独自の技術で画像を圧縮していますが、iPhoneで「高効率」の設定で撮影された写真(HEIF形式)の場合、Googleフォトの圧縮よりもデータ容量が少ないため、圧縮されずに元画像を維持したままアップロードすることが可能になっていました。

【関連】iPhoneで撮影した写真はGoogleフォトに無圧縮かつ無料&無制限で保存する抜け道があった

GoogleフォトでHEIF形式よりも高効率に圧縮できるようになるの?

Googleは「修正に取り組んでいる」と説明していますが、具体的にどういった手法で修正されるのかは明らかになっていません。

HEIF形式を一度JPEG形式に変換し、その上でGoogleフォトの圧縮が行われるのか、それともHEIF形式の画像をさらに効率よく圧縮できるようになるのか。

JPEG形式よりもはるかにデータ容量の少ないHEIF形式でのアップロードを課金対象にする、なんてことにならないといいのですが……。今後の動向に注目です。