iPad版「Illustrator」2020年に発表へ、「Photoshop」は不完全なまま公開しアップデートで機能追加

iPad版「Illustrator」2020年に発表へ、「Photoshop」は不完全なまま公開しアップデートで機能追加

Adobeの人気ソフトウェア「Illustrator」のiPad版が、2020年に開催するAdobe Maxで発表されると米Bloombergが伝えています。iPad版「Photoshop」は不完全なままリリースされ、今後のアップデートで機能追加が行われてくようです。

Adobe、iPad専用「Illustrator」を2020年に発表へ

iPad-Pro_creative-sketch_10302018

米Bloombergは10月22日、Adobeが人気ソフトウェア「Illustrator」のiPad版を2020年に発表すると報じています。

関係筋からの情報として、2020年に開催されるカンファレンス「Adobe Max」で、iPad版「Illustrator」が公開されると伝えています。詳細は明らかになっていませんが、デスクトップ版「Illustrator」とほぼ同等の機能が搭載されると見られています。

Adobeの広報担当者はBloombergに対し「現時点で、共有すべき情報はありません」と回答。Adobeはこれまで、Illustratorの機能を一部切り出したような「Adobe Illustrator Draw」「Adobe Fresco」などをiPad向けアプリとしてリリースしています。

βテスト中のiPad版「Photoshop」は不完全なままリリースへ

Adobe-Photoshop-2

2019年のAdobe Macでお披露目された、iPad向け「Photoshop」は現在βテストを行っている最中。Adobe Maxでは"本物"のPhotoshopとして紹介されましたが、テストユーザーからは、完全なPhotoshopではないという声もあがっています。

多くのユーザーは"本物"と言われ、デスクトップ版Photoshopのすべての機能が搭載されていると認識していましたが、"本物"の意味は「デスクトップ版Photoshopと同じソースコードで作られたアプリ」だったとDaring FireballのJohn Gruber氏は指摘しています。

Adobeは、iPad向け「Photosho」は"不完全"な状態でリリースし、今後のアップデートで多くの新機能(デスクトップ版の機能や、タブレット向けの機能)を追加する計画だということです。