Amazon Fire TVで「Apple TV」アプリが利用可能に、11月開始の「Apple TV+」に対応

Amazon Fire TVで「Apple TV」アプリが利用可能に、11月開始の「Apple TV+」に対応

Amazonは10月24日、Fire TV Stick(第2世代)およびFire TV Stick 4K向けに、「Apple TV」アプリの配信を開始したと発表しました。Apple TVアプリでは、Appleから購入した映画などを含む、iTunesライブラリ全体にアクセスすることができます。

Fire TV経由で「Apple TV」を視聴可能に

amazonn-tv

Amazonは10月24日、Fire TV Stick(第2世代)およびFire TV Stick 4K向けに、「Apple TV」アプリを公開しました。

Apple TVアプリでは、Appleから購入した映画などを含む、iTunesライブラリ全体にアクセスすることができるとのこと。まずは、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、インドの8カ国で提供が開始されます。

Fire TV Basic EditionのユーザーはFire TVのAmazon Appstoreでもダウンロードすることができます。Fire TV Cube(第1および第2世代)、Fire TV(第3世代のペンダントデザイン)、東芝およびInsignia Fire TV Editionスマートテレビ、Nebulaサウンドバーにも搭載される予定。

Fire TV(第1および第2世代)およびFire TV Stick(第1世代)では利用できないとのことです。

「Apple TV +」にもアクセス可能

Fire TVで提供される「Apple TV」アプリでは、Appleが11月1日より開始するストリーミングサービス「Apple TV+」にもアクセスすることが可能。

「Apple TV+」は月額600円(7日間の無料トライアルあり)で、ファミリー共有を利用すれば最大6人まで利用可能。9月10日以降にiPhone、iPad、Apple TV、Mac、iPod touchを購入したユーザーは1年間無料で利用することができます。

「Apple TV+」ではオリジナル作品だけを提供。「ザ·モーニングショー」「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」「See ~暗闇の世界~」「フォー·オール·マンカインド」「スヌーピー 宇宙への道」などの作品が公開される予定です。

「Apple TV+」配信作品&予告編 一覧ページ