「FOMA」「iモード」2026年3月31日で終了、SNSでは懐かしむ声や利用中のユーザーから嘆く声も

「FOMA」「iモード」2026年3月31日で終了、SNSでは懐かしむ声や利用中のユーザーから嘆く声も

NTTドコモは10月29日、第3世代移動通信方式の「FOMA」およびインターネットサービス「iモード」を2026年3月31日で終了することを発表しました。SNSでは様々な声があがり、トレンド入りしています。

「FOMA」「iモード」20206年3月31日に終了

docomo-xi-limit-1

NTTドコモは10月29日、第3世代移動通信方式の「FOMA」およびインターネットサービス「iモード」を2026年3月31日に終了することを発表しました。

すでにFOMA音声プランおよびiモードの新規受付は2019年9月30日で終了しており、「FOMAデータプラン」「ユビキタスプラン」は2020年3月31日で新規受付を終了します。

「FOMA」および「iモード」で提供している「iチャンネル」「iコンシェル」などの各サービスの終了時期は、今後あらためて案内するということです。

「FOMA」は2001年10月に開始された3G通信サービス。384kbpsの通信で、当時としては大容量のデータ通信が可能でした。「iモード」は1990年2月にサービスを開始。電子メール(Eメール)が送受信できることが好評でした。

「FOMA」「iモード」を終了する理由として、「今後は4Gおよび5Gに経営資源を集中するため」と説明しています。

「FOMA」「iモード」終了の発表を受け、Twitterではトレンド入り