​ANAの航空券サブスクリプションサービスの実証実験を開始 ADDressと連携し多拠点生活を推進

​ANAの航空券サブスクリプションサービスの実証実験を開始 ADDressと連携し多拠点生活を推進

ANAホールディングスと、多拠点ライフプラットフォームを展開するアドレスは1月16日、航空券定額制サービスの実証実験を開始すると発表しました。多拠点生活推進を図り、地域活性化を目的としています。

航空券のサブスクリプションサービス、実証実験を開始

ana-address-1

ANAホールディングスと、多拠点ライフプラットフォームを展開するアドレスが、多拠点生活推進を図り、地域活性化を目的とした航空券定額制サービスの実証実験を開始すると発表しました。

多拠点居住コリビング(co-living)サービス「ADDress」の会員向けに提供するもので、月額制で全国の家(登録拠点)に自由に住むことができるプラットフォーム。

ana-address-2
多拠点居住を推進

ANAホールディングスと連携することで、移動コストの負担感を大幅に減り、多拠点生活を選択できるユーザーが増え、各地の関係人口の拡大が期待できるとしています。

ADDress会員は月額3万円追加で、毎月最大2往復まで搭乗可能

今回の実証実験では、ADDress会員(年間・半年会員のみ対象)が月額3万円を追加で支払うことで、ANA国内線の指定便に限り月2往復することができます。実証実験では50人のみが対象で、募集期間は1月17日〜3月21日。

対象路線は、羽田空港の発着を基準とし、新千歳、鳥取、高松、徳島、福岡、大分、熊本、宮崎、鹿児島。

ana-address-3
指定されたANA国内便

航空券定額制サービスが利用できるのは1月31日〜3月31日。以降は対象路線・対象人数を増やしながら実証実験規模を拡大していくとしています。

ADDress | 定額住み放題 多拠点生活プラットフォーム