「としまえん閉園検討」跡地にハリポタのテーマパークと報道 ネットで惜しむ声「思い出の場所が」

「としまえん閉園検討」跡地にハリポタのテーマパークと報道 ネットで惜しむ声「思い出の場所が」

2020年2月3日

東京都練馬区にある遊園地「としまえん」が段階的に閉園し、跡地に東京都の公園や、「ハリー・ポッター」のテーマパークが建設されるとNHKが報じました。ネット上では「思い出の場所が」など惜しむ声が広がっています。

「としまえん」が段階的に閉園、跡地は東京都の公園やハリポタテーマパークと報道

toshimaen
としまえん「ウェーブスインガー」(2019年撮影)

NHKなどによると、東京都練馬区にある遊園地「としまえん」が段階的に閉園し、跡地には東京都の公園や、「ハリー・ポッター」のテーマパークが建設されると報じられています。

跡地の大半は東京都が買収し、大規模な公園を整備。残りの土地をワーナー・ブラザースが借り、「ハリー・ポッター」のテーマパークを建設する交渉が進められているということです。読売新聞によると、2023年を目処にオープンする計画ということです。ワーナー、西武、都などが競技中で、2020年春にんも正式決定する見通し。

「としまえん」は2011年12月、東京都の「都市計画公園・緑地の整備方針」において、東京都が買収を行い防災機能を有する「練馬城址公園」として整備する方針が示されていました。

ネット上で惜しむ声が続々「初めてデート行った遊園地」「機械遺産エルドラドはどうなるの」

kikaiisan
機械遺産カルーセルエルドラド

報道を受け、Twitterでは「としまえん」がトレンド入り。「思い出の場所が」「泣きそう」などと惜しむ声や、100年以上の歴史を持つ世界的に貴重な文化遺産として機械遺産に認定されている回転木馬「カルーセルエルドラド」を心配する声もあがっています。