「CP+2020」開催中止が決定、「来場者および出展関係者の健康や安全面などを第一に」

「CP+2020」開催中止が決定、「来場者および出展関係者の健康や安全面などを第一に」

2月27日から開催が予定されていた、カメラや関連機器のコンシューマー向け展示会「CP+2020」の開催中止が決定しました。中止の理由については「新型コロナウイルスへの有効な治療薬や対処法の先行きが見通せない中、来場者および出展関係者の健康や安全面などを第一に考えました結果」と説明しています。

「CP+2020」開催中止、新型コロナウイルスの影響

CP+2020
CP+2020 カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)」

一般社団法人カメラ映像機器工業会(聞き取れずCIPA)が、「CP+2020」の開催中止を決定したと発表しました。

「CP+2020」は、国内最大規模のカメラや関連機器のコンシューマー向け展示会。2月27日から3月1日の4日間、パシフィコ横浜および大さん橋ホールで開催される予定でした。

開催中止の理由は、「新型コロナウイルスへの有効な治療薬や対処法の先行きが見通せない中、来場者および出展関係者の健康や安全面などを第一に考えました結果」と説明。

多くの来場者がカメラや関連機器を手に取ることができる展示会であるため、「約7万人の不特定多数の来場者の方々に感染するリスクを排除しきれない可能性があります」とし、「このようなリスクを避けることが重要と判断し、誠に遺憾ではありますが、開催を中止することとしました」としています。