「iOS 14」マルチタスク(アプリ切り替え)がiPad風に?リーク動画が公開

「iOS 14」マルチタスク(アプリ切り替え)がiPad風に?リーク動画が公開

Appleが今秋リリース予定の「iOS 14」に、新たなマルチタスク機能がリリースされる可能性があります。91mobilesと著名リーカーBen Geskin氏が、iOS 14の初期ビルドの動画として、iOS 14のマルチタスクについて紹介しています。

「iOS 14」マルチタスクにiPad風の新UIが追加か

ios-14-rumour
91mobiles.comより

Appleが今秋リリースすると予測されている「iOS 14」では、マルチタスク機能(アプリ切り替え)がiPadのようなUIが選択できるようになる可能性があります。91mobilesと著名リーカーBen Geskin氏が伝えています。

リークされた動画は、iPhone 11 Pro MaxでiOS 14の内部ビルド(初期ビルド)が動作しているとするもの。iOS 13までのマルチタスクでは、各アプリの画面がカード形式に重なって表示されていましたが、動画ではiPadのようにタイル状に整列して表示されています。

マルチタスクでは、アプリ画面を"ピン留め"して、誤って閉じてしまうことを防ぐ機能も追加されている可能性があるとのこと。

ただしiPadOSのように、Split View(画面分割)が追加されるかは不明。

Ben Geskin氏「脱獄(Jailbreak)ではない」

この動画に「脱獄」(Jailbreak)による変更ではないか、と指摘する声もあがっていますが、Ben Geskin氏は否定。「これはフェイクではなく、脱獄でもない」と説明しています。

iPadのようなマルチタスクは「Grid Switcher」(グリッドスイッチャー)と呼ばれる表示形式で、従来の表示形式は「Deck Switcher」(デッキスイッチャー)となっているそう。

またBen Geskin氏は、「(新しいマルチタスクは)iOS 13にも含まれているが、無効になっている」と説明。iOS 14の内部ビルドで有効になっているとしています。

iPad風のマルチタスクでは、一覧性が高くなることや、iPadOSとのスイッチコストが低くなることが期待できます。将来的に、iPad並のディスプレイサイズを搭載する新型iPhoneを発表する布石だったりして?