Apple、独自チップを採用した「Mac」を2021年から発売へ――Bloomberg報道

Apple、独自チップを採用した「Mac」を2021年から発売へ――Bloomberg報道

Appleは、自社製プロセッサを搭載したMacを、2021年に発売する計画です。現在MacにはIntel製プロセッサが採用されています。自社製プロセッサを採用することで、Intelの開発サイクルに依存せず、新モデルを投入することが可能となります。

Appleの自社製プロセッサを搭載したMac、2021年に発売へ

macbook

Appleは独自のプロセッサを搭載したMacを、2021年に発売する計画です。Bloombergによると、iPhoneやiPadのプロセッサの製造を担当している台湾のTSMCが、新型Macのチップを製造するとしています。

次期iPhoneやiPadに採用予定の5nmのプロセッサで、現在3種類の開発が進んでいるそう。最初のプロセッサは「Firestom」というコード名で、高性能コアを8基搭載。内部には「Icestorm」と呼ばれるエネルギー効率に優れたコアを少なくとも4基搭載するとのこと。関係者の話として、Appleは将来的に、12コア以上のMacプロセッサを検討していると伝えています。

独自チップを最初に搭載するのはエントリーモデルのMacBookか

Bloombergは、初期のApple独自プロセッサでは、ハイエンドモデルであるMacBook ProやiMac、Mac Proに搭載されたIntelプロセッサと同等の性能を引き出すことができないと予測。IntelプロセッサからAppleの自社製プロセッサへの移行は、エントリーモデルのMacBookから開始されると見ています。

Appleはすでに、2021年のiPhone向けに計画されたチップのアーキテクチャに準拠した、第2世代のMacプロセッサの設計を開始しているとのこと。これはiPhone、iPad、Macが同じプロセッサ開発サイクルになることを示しているようです。