Google、すべての広告主に身元確認を義務化 広告の透明性向上のため

Google、すべての広告主に身元確認を義務化 広告の透明性向上のため

ATA_TfaaCenterDeliverable_RPG_720x480_cropped_V04

Googleは4月23日、すべての広告主に対し身元確認を義務化すると発表しました。これによりユーザーは、表示されているGoogleの広告は誰が出稿しているのかが確認できるようになります。まずはアメリカから開始し、全世界へ拡大する方針。

Google、広告の透明性向上のため身元確認を義務化

Googleはすべての広告主に対し、身元確認を義務化すると発表しました。

身元確認を義務化は、広告の透明性を向上のための施策。Googleはこれまでも、ユーザーに対し「なぜこの広告が出ているのか」「どうターゲティングされているか」を確認&変更できるツールを提供していました。

関連:「なぜこの広告が?」自分がGoogleにどうターゲティングされているか設定から確認&変更できるように

ユーザーは今後、Googleの検索広告やディスプレイ広告、YouTubeの広告に表示される情報アイコン(i)をクリックすることで、広告主についての情報を確認することができます。

まずはアメリカで開始され、順次全世界に拡大

広告主への身元確認は、2018年に政治広告主向けに導入されていましたが、今後はすべての広告主が対象となります。まずはアメリカから開始され、順次全世界の広告主に展開される予定。

ただし、すべての広告主の身元確認が完了するまでに数年かかるとGoogleは予測しています。