「ニンテンドーネットワークID」に不正ログイン16万件、一部の「ニンテンドーアカウント」も被害

「ニンテンドーネットワークID」に不正ログイン16万件、一部の「ニンテンドーアカウント」も被害

任天堂は4月24日、「ニンテンドーネットワークID(NNID)」経由で一部の「ニンテンドーアカウント」に不正ログインが確認されたと発表しました。不正ログインを受けた可能性のあるNNIDは、約16万件。ニックネーム、生年月日、国/地域、メールアドレスが流出した可能性があります。

ニンテンドーネットワークID、不正ログインが発生

nintendo
任天堂 公式サイトより

任天堂は4月24日、「ニンテンドーネットワークID(以下、NNID)」に4月上旬頃から、なりすましログインを行ったと思われる減少が発生していることを確認したと発表しました。

なりすましログインを利用し、NNID経由で一部の「ニンテンドーアカウント」に不正ログインが確認されています。任天堂は同日より、NNID経由でのニンテンドーアカウントへのログイン機能を廃止。不正ログイン被害の可能性があるNNIDおよびニンテンドーアカウントは、順次パスワードリセットを実施するとしています。

NNIDは「ニンテンドー3DSシリーズ」や「Wii U」で使用するアカウント。不正ログインを受けた可能性のあるNNIDは約16万件で、ニックネーム、生年月日、国/地域、メールアドレスが第三者に閲覧された可能性があります。

ニンテンドーアカウントには「二段階認証」を

NNID経由でニンテンドーアカウントに不正ログインされた可能性はありますが、二段階認証を設定しているアカウントは被害にあっていないとのこと。

任天堂はユーザーに対し、セキュリティの観点から以下の3点を呼びかけています。

  • 他サービス等で利用しているパスワードの使い回しを避ける
  • NNIDとニンテンドーアカウントのパスワードは異なるものを設定
  • ニンテンドーアカウントには「二段階認証」を設定

なお不正ログインで閲覧された可能性のある情報に、クレジットカード番号は含まれていないとのこと。ただし、NNIDとニンテンドーアカウントで同一パスワードを設定していた場合、残高や登録済みクレジットカード、PayPayを不正に利用された恐れがあるということです。