ローソン、「トイレ・ゴミ箱・灰皿」利用中止 新型コロナ感染拡大の対策で

ローソン、「トイレ・ゴミ箱・灰皿」利用中止 新型コロナ感染拡大の対策で

株式会社ローソンは4月28日、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、店舗でのトイレ、ゴミ箱、灰皿の使用を一時休止すると発表しました。サービス休止の案内は、点灯でポスターおよびPOPなどで周知するということです。

ローソン、新型コロナ感染拡大予防のため「トイレ」使用を休止

Lawson
―お客様への分散・分離のお願い―|ローソン研究所

大手コンビニチェーンのローソンが、新型コロナウイルスの感染拡大予防するため、店舗での「トイレ」「ゴミ箱」「灰皿」の使用を一時休止すると発表しました。

「安全に商品を販売する事が私たちの最大の役割と考え、これを維持していく為、お客様には大変なご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願い致します」と説明しています。

店頭では、ポスターおよびPOPなどで周知するとのこと。トイレ清掃等は店舗の従業員が行い、清掃後には手洗い・消毒を徹底していますが、利用を中止することで、買い物客だけでなく従業員の安全にも繋がる取り組み。

「人との接触を少しでも減らしたい」という要望も寄せられているといい、「全店舗で設置済みのセルフレジの活用をさらに加速させてまいります」としています。

ローソンが実施している、新型コロナウイルス対策

  • レジカウンターへのビニールシート設置
  • 従業員のマスク着用
  • アルコール消毒液の設置
  • 金銭授受時のトレー利用
  • 入口ドア開放などによる店内換気の徹底
  • イートインスペースの利用中止
  • 1m以上の感覚で並ぶことを推奨するポスターの掲示
  • レジ待ち時の、立ち位置を床へ表示
  • 店内放送で間隔を開けるよう案内
  • セルフレジの拡大
  • 混雑が少ない時間帯と多い時間帯を店頭に掲出
―お客様への分散・分離のお願い―|ローソン研究所