「BlackBerry」が2021年に復活。5G対応、物理キーボード搭載

「BlackBerry」が2021年に復活。5G対応、物理キーボード搭載

物理キーボードを搭載し、ファンの多いスマートフォン「BlackBerry」が2021年に復活します。復活させるのは、米スタートアップのOnwardMobility。5Gに対応し、物理キーボードを搭載するだけでなく、BlackBerryらしくセキュリティもウリだそうです。

BlackBerry復活。政府レベルのセキュリティ、物理キーボード、5G対応

BlackBerry.jpg

物理キーボードを搭載したスマートフォンとしてファンが多かった「BlackBerry」が2021年に復活することが明らかになりました

復活させるのはアメリカのスタートアップ企業OnwardMobility。今のところ日本での発売予定はなく、2021年前半に北米およびヨーロッパで販売される予定とのこと。

BlackBerryのCEO、John Chen氏は以下のようにコメントしています。

「BlackBerryブランドの代名詞である高度な信頼とセキュリティを活用して、物理キーボードを搭載したBlackBerry 5Gスマートフォンを提供することに興奮しています。新しいBlackBerry 5Gスマートフォンが提供するエンタープライズおよび政府レベルのセキュリティとモバイルの生産性を、お客様が体験できることに興奮しています」

正直なところ、ちゃんとBlackBerryが復活するのかは未知数

BlackBerryの復活はガジェット界隈としてはビッグニュースではありますが、正直なところ不安もあります。まずOnwardMobilityというスタートアップで、ちゃんとBlackBerryが復活できるのか、という点。

公開されている動画を見ても、ちょっと大丈夫なのか心配になってきちゃいます。

とはいえBlackBerryのライセンス契約が締結されたのだから、一定の期待はできるでしょう。

フレキシブル液晶を搭載した折りたたみスマートフォンなどが続々と発表されるなか、物理キーボードを搭載したBlackBerryが大ヒットを飛ばすことは想像しにくいですが、往年のBlackBerryファンは待ち遠しいですね。