LINEアカウントへの不正アクセス、約7万4千件を検知 緊急措置として一部ユーザーのパスワードを初期化

LINEアカウントへの不正アクセス、約7万4千件を検知 緊急措置として一部ユーザーのパスワードを初期化

LINEは9月12日、2020年7月から9月にかけて、LINEアカウントに対して複数の不正ログインの試みが発生し、約7万4千のアカウントについて有効なID・パスワードの組み合わせが検証されるという事象を検知したと発表しました。不正ログインの施行から、現在までパスワード変更が確認できていないユーザーに対し、LINEアカウントのパスワード初期化、再設定の案内を実施しています。

LINEアカウントで73,978件の不正ログイン

line.jpg

LINEアカウントに対して、複数の不正ログインが施行され、約7万4千件のアカウントについて有効なID・パスワードの組み合わせが検証されるという事象が検知されたと発表されています。

不正ログインが確認されたアカウントについて、具体的な悪用は認められていません。

今回検知した事象では、何らかの方法により有効なIDパスワードを取得した攻撃者が、そのID・パスワードの有効性を確認する目的で、LINEの特定サービスへのログインを試みたものと推定されるとしています。

攻撃者が有効なID・パスワードの組み合わせを把握しているという事実があるため、注意喚起および対策を実施したと説明しています。

不正ログイン被害を受けたアカウント数は、日本:41,204、台湾:28,021、タイ:139、インドネシア:10、他の国家/地域:4,604、合計73,978件。

「LINE Creators Market」に二段階認証、一部ユーザーのパスワード初期化を実施

LINEは対策として、「LINE Creators Market」へのログインに二段階認証を適用。不正ログインの試行から現在まで、パスワード変更が確認されていないユーザーを対象に、9月12日12時33分より順次、LINE公式アカウントを通じてパスワードリセットを連絡、パスワードの再設定を依頼するメッセージを送信しているとのこと。

対象となるユーザーには以下のメッセージが送信されています。LINE公式アカウントは、認証済みアカウントに付与される「緑のバッジ」が付いているアカウント

  • LINE公式アカウントを通じ「パスワードが変更されました。」というメッセージを送信。
  • LINE公式アカウントを通じ「【重要】ご利用中のLINEアカウントに不正ログインの試みが検知され、現在登録のパスワードによるリスクが残っているため、緊急措置として 9月12日12時33分頃 にパスワードの初期化を行いました。」というメッセージを送信。

メッセージ内容を確認したうえで、身に覚えのないログイン通知がある場合、パスワード変更するよう呼びかけています。