ドコモ「ahamo(アハモ)」ポイントと注意点まとめ、乗り換える?乗り換えない?

ドコモ「ahamo(アハモ)」ポイントと注意点まとめ、乗り換える?乗り換えない?

NTTドコモは12月3日、新たな料金プラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月より提供すると発表しました。月額2.980円で、4G・5Gエリア対応、データ容量20GBという超格安プランで注目されていますが、ポイントや注意点はないのか。改めてまとめておきます。

ドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」の主なポイント、注意点

docomo-ahamo-3.jpg
ahamo | アハモ

NTTドコモも新料金プラン「ahamo(アハモ)」がすごい。多くの人が乗り換えを検討していると思います。僕もその一人。

乗り換えを検討するにあたり、ポイントはどこなのか、注意点はないのか。発表されている情報を改めて整理してみました。

「ahamo(アハモ)」のポイントと注意点

  • 月額2,980円
  • 新規契約事務手数料やMNP転出手数料なし
  • 2年定期契約や解約金がない
  • 各種割引(ファミリー割引)などなし
  • データ容量は20GB
  • 20GB超過後も最大1Mbpsで通信可
  • 4G・5Gネットワークに対応
  • 3G(FOMA・FOMAプラス)単独のエリアは使えない
  • 通話料は1回/5分までは無料
  • キャリアメール(@docomo.jp)なし
  • 契約など手続きは、原則すべてオンライン対応
  • 契約できるのは20歳以上のユーザー
  • 親権者が契約し、利用者登録を20歳未満の子どもにすることは可能
  • 2021年5月まではドコモの既存ユーザーも「MNP」が必要
  • 海外82の国・地域で追加料金なしでローミング可

まず「各手数料や、2年縛り、細かい割引がない」というわかりやすいプランというのが好印象。ファミリー割引みたいなものを使っている人が移行すると適用外になってしまうので注意が必要ではあります。

契約などの手続きはすべてオンライン対応となるのもポイント。ショップに出向く必要がないのは、慣れている人にとってはメリットですが、不慣れなユーザーは大変そう。会見ではahamo契約をしたい人が来店しても対応しないということはない、と話されていたので、オンラインでないと絶対ダメということはなさそう。

契約できるのは20歳以上。子どもに持たせたい場合は、親権者が契約して、子どもを利用者登録すれば可能とされているので、20歳以下でも利用はできます。

大きなポイントは「キャリアメールなし」「3G(FOMA)の単独エリアで使えない」

大きなポイントの1つは「キャリアメール(@docomo.ne.jp)」が使えない、という点。個人的にはキャリアメールはスパムの温床というイメージなので、未だに使い続けている人の気持ちが理解できませんが、なくなって困る人は一定数いるでしょう。

また、ahamoは4G・5Gには対応していますが、3G(FOMA)には対応していません。つまり3G(FOMA)単独エリアだと使えないのですが、エリアマップを見る限り、殆どのユーザーが困ることはなさそう。

docomo-ahamo.jpg
サービスエリアマップ | 通信・エリア | NTTドコモ
docomo-ahamo-1.jpg

パッと見た感じ、僕自身が困ることは全くなさそう。乗り換えない理由がないレベルで、魅力的なプランという印象を受けています。iPhoneが発売されたタイミングからSoftbankを使い続けていますが、いよいよサヨナラする感じですかね。

なお動作確認ができた端末は、今後ウェブサイトで順次案内されます。