ブラウザアプリ「Smooz」サービス終了、提供継続は困難との結論

ブラウザアプリ「Smooz」サービス終了、提供継続は困難との結論

アスツールは12月23日、スマホブラウザアプリ「Smooz」がユーザーの検索情報などを外部に送信しているという指摘を受けていた問題で、調査の結果サービス継続は困難とし、同日をもってサービスを終了すると発表しました。

ブラウザアプリ「Smooz」サービス終了

smooz.jpg
ブラウザアプリ「Smooz」

スマホブラウザアプリ「Smooz」が、ユーザーの検索情報やユーザーが閲覧している内容を外部送信していると指摘されていた問題で、Smoozを提供するアスツールは12月23日、サービスを終了することを発表しました。

Smoozへの指摘がされたのは12月17日。同日に、同社ブログで、概要や今後のアクションについて説明し、12月20日には修正版を配信していましたが、さらなる指摘を受け、App Storeでの配信を停止していました。

問題を指摘したブログ「reliphone (for iPhone)」の記事

サービス終了の理由について、「状況の確認と対策、原因調査を進めてまいりましたが、Smoozの提供を継続することは困難との結論にいたり、2020年12月23日をもってサービスを終了させていただきますことをご報告申し上げます」と説明。

これまでに収集したデータは、返金に必要な情報以外はすべて削除が完了し、返金対応が完了次第、すべての情報を削除するとしています。

プレミアム会員へは、12月分からの料金を返金。交換可能なSmoozポイントの交換、返金方法については、後日ブログで案内するということです。

drip公認バリスタ