フォントワークス、8書体をGoogle Fontsで無償提供 GitHubでも公開

フォントワークス、8書体をGoogle Fontsで無償提供 GitHubでも公開

フォントワークスは1月15日、手書き風の楷書系硬筆体「クレー」やディスプレイ書体の「ロックンロール」など8書体を、Google Fontsで提供すると発表しました。SILオープンフォントライセンスのもと、自由に利用することができます。

Fontworksが全8書体を無償提供

fontworks-googlefonts
「Google Fonts」へディスプレイ書体など全8書体を提供しました | Fontworks

フォントワークスは1月15日、Google Fontsで8書体を提供すると発表しました。

提供された書体は以下のとおり。

  • クレー One Regular
  • クレー One SemiBold
  • トレイン One Regular(トレインはレイルウェイのGoogleFonts提供名称)
  • ロックンロール One Regular
  • ステッキ Regular
  • ランパート One Regular
  • レゲエ One Regular
  • ドットゴシック16 Regular

Google Fontsは「SILオープンフォントライセンス」のもと提供されます。利用時はライセンス内容を確認したうえで、個人利用・商用利用とわず無償で利用することができます。

Google Fontsへの提供にあわせ、「Fontworks Inc. · GitHub」でもフォントが公開されています。

フォントワークスはGoogle Fontsへの提供に際し、「制作環境に依存することなく、より多くの新しい作品が生み出されることへの貢献と、今後の更なるフォント市場の活性に繋がることを期待しています」とコメントしています。

drip公認バリスタ